腹筋を割りたいならまず腹筋とテストステロンについて知れ!

腹筋をバッキバキに割りたいならまず腹筋について知れテストステロンで筋肉強化
スポンサードリンク

【効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓】

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

このブログは「テストステロン×筋トレでモテる体と自信を得る」をテーマに効率的に理想の体を造りあげる為の情報をお届けしています。

男性ホルモン「テストステロン」を有効的に活用する事で全ての筋肉はグングン強化されて行きます。

もちろん腹筋も例外ではありません。

モテる体と言えば割れた腹筋を思い浮かべる人も多いでしょう。

確かにバッキバキに割れた腹筋はとても美しく、男でも女でも見とれてしまいますね。

今回は、ガリガリでもデブでも腹筋をバッキバキに割るための基本的な腹筋の知識とテストステロンを活用した腹筋強化についてお話していきます。

腹筋を割りたいと言って結構効率の悪い事をしている人がとても多いので、是非ここで腹筋の事実ついて学んでいってください。

腹筋とテストステロン関連記事↓

効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

腹筋を割るための腹筋とテストステロンの基礎知識

鍛え上げられた腹筋は6つに割れていることが多いのでシックスパックと言われていますが、6つの腹筋が並んでいるわけではありません。

腹の周りには4つの筋肉があります。

正面にある腹直筋、両サイドの外側の外腹斜筋、内側の内腹斜筋、さらに内側にある腹横筋があります。

シックスパックは腹直筋の形が浮かび上がったものです。

腹直筋は縦に2本太い筋肉が並んでいて、横に2~3本の腱画という筋の様なもので押し付けられています。

なので、縦横に割れたぼこぼこの形が浮かび上がるのです。

腱画の数は人によって違うので、2本の人は常に6つ、3本の人は常に8つに腹筋が割れています。

6つがレベルアップして8つになるわけではありません。

筋トレをしていて腹筋を割ることをまず最初の目標にしている人は多いと思いますが、腹筋をバッキバキに割りたいからといって、腹直筋を鍛えるトレーニングばかりしていても効率は良くありません。

腹筋を効率的に割るには腹筋について、知っておく必要があります。

腹筋はもともと割れている

筋トレ―して腹筋を鍛えていくと、割れていとイメージしている人も多いと思いますが、腹筋は筋トレして割れるものではありません。

さっきも説明したところですが、腹直筋はもともと縦横に割れているものです。

つまり、腹筋が割れていないように見えるのは、筋肉の上に被さっている皮下脂肪が隠しているからなんです。

なので以前の僕の様なガリガリ人間は、ガリガリのくせに腹筋が割れていたりします。

ガリガリのくせにと言うよりも、ガリガリで体脂肪がほとんどないから腹筋がわれるんです。

しかし僕なんかは、胃下垂で下腹が出ていたので割れた腹筋と言うわけでもなくとても醜い体型をしていましたが、、

脂肪がたくさんついている人は、いくら腹筋を鍛えても脂肪を落とさない限りは腹筋は割れません。

なのて、デブの人は有酸素運動や、他の大きな筋肉を鍛えて基礎代謝を上げたほうが効率的に腹筋を割ることができます。

大きな筋肉を鍛えるには筋トレBIG3がおすすめです。

痩せ型男の確実な筋肉のつけ方 筋肉増大BIG3について

腹筋のトレーニングは必須

そして僕の様なもともとガリガリの人間は、とにかく腹筋を鍛えることが腹筋を割るための最短距離です。

僕なんかは胃下垂で無様な下っ腹でしたが、腹筋を鍛えることで胃下垂も改善していきます。

胃下垂をなおすには他にも猫背を直したりとかありますが、腹筋は必須です。

痩せ型男のお腹ポッコリは胃下垂が原因 筋トレで解消しようか

猫背を直すことで骨盤が歪みが整って胃下垂が改善されるんですが、腹直筋は骨盤の前の方を引き上げて正しい位置に保つ働きもあるので、腹直筋を鍛える事で骨盤の歪みを整える助けをしてくれます。

そして腹直筋が、鍛えられて肥大化すれば、もともと体脂肪の少ないガリガリは、デブよりも早くシックスパックを手に入れる事ができます。

ただ痩せているだけのショボいシックスパックでは何の自慢にもならないのでガッツリ鍛えて立派なシックスパックを作りましょう。

そして同時並行でその他の筋肉もしっかりデカくすることが重要ですよ。

このブログのテーマは「モテる体と自信を作る」であって腹筋を割ることではありません。

バランスよく全身の筋肉を鍛え上げてモテるからを築き上げましょう。

テストステロンを増やすと腹筋強化と脂肪燃焼が効率的に

テストステロンは人間の骨格や筋肉を形成する重要な役割を担っている男性ホルモンです。

このテストステロンがたくさん分泌されていると、筋肉が成長しやすくなり、脂肪が燃焼しやすくなります。

つまりテストステロンを増やすことで、腹筋を圧倒的効率で割ることが出来るのです。

テストステロンを増やすには日々の生活習慣を変えれば良いだけです。

その習慣とは、

  • 食事やサプリで亜鉛を十分摂る。
  • 食事や日光浴でビタミンDを十分摂る。
  • 酒を控える。
  • 1日7時間以上睡眠をとる。
  • ストレスを溜めないようにする。
  • 高負荷の筋トレをする。

これらを習慣化する事でテストステロン値を常に高く保っておくことが出来て、筋トレを効率的にすることが出来ます。

テストステロンを増やして腹筋を効率的に割る方法についてはこちらの記事もどうぞ↓

テストステロンで腹筋をガッツリ割る!超効率的腹筋強化法!

テストステロンを増加して腹直筋以外の腹筋もしっかり鍛えよう

シックスパックを直接形作っているのは腹直筋ですが、その他の腹回りの筋肉もそれぞれ重要な働きもしています。

腹直筋だけでなく、4つの腹筋をバランスよく鍛えることで、より強く美しい腹回りを作ることができます。

テストステロンを増やしておくことで腹回りの全ての筋肉も効率的に鍛えることが出来るので、高負荷を意識してしっかり4つの腹筋を鍛え上げましょう。

別名コルセット筋「腹横筋」

腹横筋は、お腹周りの一番深層の筋肉で筋繊維が横向きに走っています。

この横向きの筋繊維で内臓をベルトのようにまもり、体幹を支えるコルセットの様な役割をしています。

腹横筋を鍛えることで、体幹が安定し腰への負担を減らしてくれます。

体幹が安定すると足や腕などの四肢の筋肉を効率よく動かすことができます。

また腹横筋が強くなることで、代謝が上がり脂肪を燃焼しやすくなります。

腹横筋を鍛える為には、腹直筋とは違ったメニューを取り入れる必要がありますが、BIG3などのトレーニングの時にドローイングをしっかり行う事で、鍛えていく事もできます。

腹周りを両サイドからガッチリ締め付ける「腹斜筋」

腹直筋の両サイドにある外腹斜筋と、その内側にある内腹斜筋。

腹横筋の外側にあるのですが、腹斜筋の筋繊維は斜めに走っていて、外腹斜筋と内腹斜筋はクロスする形になっています。

この腹斜筋も内臓を支える枠割を果たしています。

腹部の全面は背面と違った骨がないので、4つの腹筋でガッツリガードする必要があるんですね。

内臓の位置が下に垂れ下がる胃下垂などの内臓下垂を改善するのに、腹筋を鍛えることがどれだけ重要かよくわかります。

また腹斜筋は排便にも関わっていて、便秘気味の人は特に腹斜筋を鍛えることで便秘の改善が期待できます。

そして、モテる体として一番重要なのは、腹斜筋にはくびれを作る働きがあるという事です。

腹部の両サイドをガッチリ覆う形で腹斜筋が付いていますから、ココをしっかり鍛えて内臓を抑え込み、引き締めればバッチリくびれた逆三角形の上半身が出来上がります。

両サイドがスッキリすることで真ん中のシックスパックもより存在感が増します。

4つの腹筋をしっかり鍛えることで腹回りは完璧な姿へ変化し、内臓をガッチリ保護することで内側からも健康的に変化ていくのです。

腹の脂肪は最後に燃焼する!テストステロンで効率的に脂肪を燃やせ!

腹筋ついていろいろと話してきましたが、ココからはお腹周りの脂肪についての話です。

痩せているのにお腹だけ出ている人が多い理由は色々ありますが、お腹の脂肪が最後に燃焼するという事実もかなり関わっているでしょう。

脂肪は体を保護する役割も担っていて、燃焼する時は保護する必要性の少ない部分から減っていきます。

そして一番重要な部分が、内臓もいっぱい詰まっている体の中心「お腹周り」なんですね。

たしかに他がブヨブヨでお腹だけ痩せている人って見たことないですよね。

脂肪は筋肉のように狙った部分だけを変化させることはできません。

逆に筋肉は使ったところしか鍛えていく事はできないものです。

同じ体の見た目を構成するものなのに全く正反対な性質なんですね。

つまり腹筋を効率よく割るためには、腹筋を鍛えてデカくしつつ他の筋肉、特にデカい筋肉をどんどん鍛えていく事で、基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすい体にしていく。

すると脂肪が無くなってきた頃には、腹筋は立派な凹凸に仕上がっているというわけですね。

という事で筋肉強化、脂肪燃焼の両方を促進する事の出来るテストステロンは、腹筋を割りたい人にとって最高のホルモンです。

少しでも早く腹筋を鍛えて腹回りの脂肪を燃焼したいと思うなら、まずテストテロンを増やすことを意識してみることを強くおすすめします。

もともと脂肪のないガリガリも腹筋だけ鍛えてりゃ良いわけではなくて、全身をバランスよく鍛える必要があります。

美しい体を作るために。

とにかく腹筋割りたければ全身鍛え上げろという事です。

そして全身を好意率よく鍛える為にはテストステロンの増加は非常に重要という事です。

腹筋だけ割れていても他がヒョロかったら何の価値もありませんよ。

 

腹筋を割りたいならまず腹筋とテストステロンについて知れまとめ

という事で、腹筋をバッキバキに鍛えるための腹筋とテストステロンについてのお話でした。

  • ザックリまとめると、腹筋は4つあって全部で内臓を守り、お腹周りも見た目を司っている。
  • 全ての腹筋を鍛え上げることで見た目は美しく、中身は健康的になる。
  • 腹筋はもともと割れているけど、脂肪を落とさないと割れて見えない。
  • 腹周りの脂肪は一番最後に落ちるから、とにかく全身の筋肉を鍛えて基礎代謝を上げる。
  • 代謝が上がれば脂肪が落ちて、デカくなった腹筋が見えてくる。
  • 筋肉強化・脂肪燃焼の両方を促進するテストステロンがシックスパックへの近道

という事ですね。

つまり人間の外見も健康面も、筋肉を鍛えることで良くなるという事ですね。

そして鍛えあがったモテボディに、健康で元気な体が合わされば、生きていることが楽しくて仕方なくなります。

自信に満ち溢れ、今まで気にしていた些細なことが全てくだらない悩みだったことに気づくでしょう。

筋肉を鍛えることで、人間の内面までも素晴らしく好転させてくれます。

これは紛れもない事実です。

最初は腹筋から始めても良いし、何からでもいいので筋トレを始めてみると色々楽しいことがいっぱいになりますよ。

腹筋とテストステロン関連記事↓

筋肉コメント