テストステロンで腹筋をガッツリ割る!超効率的腹筋強化法!

テストステロンで腹筋をガッツリ割る!超効率的腹筋強化法!テストステロンで筋肉強化
スポンサードリンク

【効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓】

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

どうも筋太郎です。

このブログではテストステロンの働きを利用して効率的に筋肉を鍛えていくための情報をお伝えしています。

男性のホルモンの9割を占め、男が男として強く美しく健康的に生きる為のホルモン、「テストステロン」は当然、腹筋を鍛え上げバッキバキのシックスパックを作り上げるのにも大いに役立ちます。

ココでは、テストステロンで腹筋を効率的にしっかりと鍛え上げる為の秘訣を紹介していきます。

テストステロンを意識して腹筋の筋トレを行う事で、少しでも早く、少しでもデカく強い6つに割れたシックスパックを作り上げましょう。

テストステロン関連記事↓

効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

腹筋強化にも役立つテストステロンの基礎知識

【筋トレ成功の秘訣】スクワット。まずは足腰。何をするにも役に立つので、オススメ

ホルモン中のテストステロン値が高く保たれていると、腹筋に限らず全身の筋肉の成長が促進され、筋トレの成果が出やすくなるというのは筋トレについて少し勉強している人の間では常識です。

テストステロン値を上げることで、筋トレをせずに筋肉を成長させるという研究も進められているくらいです。

テストステロンで筋トレせずに筋肉強化が可能!?

ロスアンゼルスのチャールズ.R.ドリュー医科大学で2001年に行われた研究によると、「テストステロン値を高めることで、トレーニングを行わずに筋肉を強化し、体脂肪を減らすことが可能」という事が確認されています。

ただ、やはり今の段階では、運動せずにテストステロンを増やすという事は、ホルモン注射を行う必要があり、トレーニングをせずに筋肉を強化するという事は一般的にはまだまだハードルが高いです。

しかしわざわざ注射をしなくても。テストステロンを増やすこと自体は可能ですし、難しい事ではありません。

日々の生活で意識的にテストステロンを増やすための事を取り入れるだけでテストステロン値は確実に高まっていきます。

テストステロンを腹筋強化の関係

テストステロンの増やし方を紹介する前に、なぜテストステロンを増やすと、腹筋をはじめとする全身の筋肉が強化されるのかを説明していきます。

テストステロンとは、男性の精巣(睾丸)から分泌されるホルモンで、全男性ホルモンの95%以上がテストステロンによって構成されているという事がわかっています。

テストステロンは男性だけでなく女性にとってもとても重要なホルモンで、人間の骨格や筋肉、顔つきなどの物理的な形成だけでなく、向上心や性欲といった精神的な部分にも大きな影響を与えているホルモンです。

若い男性の性欲が強いのは、20代男性に多くのテストステロンが分泌されるからということ、そして女性は30代過ぎてから性欲が高まるというのもその時期から女性の体内で分泌されるテストステロンが多くなるからなのです。

そして男性の体が女性よりも筋肉量が多く、同じように筋トレをしても男性の方が筋肉がつきやすいのも全てテストステロンが関わっています。

つまり同じ男性でも、テストステロンが多い方が筋肉が付きやすい。

テストステロンを増やしさえすれば、同じ内容の筋トレでも効率的に筋肉を強化することが可能なのです。

すなわち、腹筋も強化しやすくくっきりわれたシックスパックを作りやすくなるという事。

テストステロンの効果についてはこちらの記事に詳しく書いています。

テストステロン×筋トレのモテ効果!ヤバ過ぎる7大効果の影響力!!

テストステロン値を高めるために必要なこと

筋肉痛の時に筋トレしていいの?納得の答えご用意します。

テストステロンと腹筋、筋肉の関係は理解して頂けたと思います。

それではどうやったらテストステロンを増やすことが出来るのかについて紹介していきます。

男性ホルモンであるテストステロンは、年齢によって分泌される基準値が違います。

10代、20代の間は徐々に分泌量が増えていき30代になる頃から、分泌量は減り始めるとされています。

しかし日々の生活習慣により、テストステロンの分泌量を高めることは可能で、しっかりテストステロン値を高める為の習慣が出来ている人は、60代を越えても30代の平均値を保っているのです。

つまり年齢を言い訳にはできない。

諦めるのはまだ早いという事ですね。

テストステロンを上げて爆速で腹筋強化の習慣

という事で、20代男性ももちろん30代以降でもガンガンテストステロンを分泌して腹筋を効率的に鍛え上げる為の秘訣をお伝えしていきます。

行くか紹介しますが、出来るだけ多くを生活に取り入れることで効率的にテストステロンを増加させ腹筋を強化することが出来ます。

テストステロンを増やす食事、栄養を摂取する

テストステロンを高めるには、テストステロンの原材料となる栄養を食事やサプリで摂取するのか効果的です。

テストステロンを増やすための栄養素とは

亜鉛です。

亜鉛は1日12mg摂取すればテストステロン値を高めるのに良いとされています。

生ガキ、煮干し、豚レバー、ホヤ、高野豆腐などに多く含まれていて、生ガキ100gに13.2mg、高野豆腐100gには5.2mgが含まれています。

生ガキ100gとなると、だいたい10個くらい食べないといけないので結構なコストになりますが、高野豆腐300gを食べたほうが安く済みそうですね。

ただそれでも毎日、「高野豆腐300gなど食ってられない」という人も多いでしょう。

たしかに結構な量になりますし、それが毎日だと高野豆腐を見るのも嫌になるかもしれません。

そこでおすすめなのが、亜鉛の入ったサプリメントです。

サプリメントだと、効率的に毎日必要な亜鉛が補給できます。

そして、何より毎日飲みやすい粒になっているので、カキや高野豆腐のように「こんなに食べれないよ」となる心配もありません。

そして亜鉛を補給におすすめのサプリが、なんと以外にも男性精力剤なのです。

テストステロンは男性ホルモンですので、男性精力剤にテストステロンを増やす亜鉛がふ悔いまれているのは納得できますね。

 

おすすめの亜鉛含有精力剤はこちら

活力アップサプリメント「GHプレミアム」

 

あまり知られていませんが、筋トレをガッツリ実践している人たちの間では、テストステロン値を高く維持するために精力剤を飲むという事は一般的なんです。

さらのこのおすすめのサプリには、亜鉛以外にも、複数のアミノ酸も含まれていて、筋肉を鍛えるのにはもってこいの内容です。

なんせアミノ酸は筋肉の素ですからね。

アミノ酸についてはこちらの記事に詳しく書いていますのでどうぞ↓

プロテインより早く吸収!必須アミノ酸「BCAA」とは

筋トレ実践者が精力剤を好んで飲むというのも納得です。

ちなみに薬局やコンビニなどで売られている、安価な精力剤は吸収率や含有成分の量が十分でないモノが多いのでおすすめしません。

少しでも効率で気に腹筋、筋肉を鍛え上げて男らしい体を一早く作り上げる為には、良いモノを選んで下さい。

まぁ精力剤を薬局で購入するというのもちょっと抵抗ある人が多いと思いますし、ネットで購入できる方があり難いですよね。

テストステロンを増やすビタミンÐを摂取する

亜鉛の次にテストステロンにとって重要な栄養成分がビタミンDです。

ビタミンÐは元気な精子を作るのに不可欠な栄養素で、オーストリアのグラーツ医科大学の研究によると、十分な量のビタミンÐを1年間摂取し続けたことで、テストステロン値がかなり高くなったという報告がされています。

ビタミンDを増やす方法として、食事やサプリからの摂取と、日光浴による太陽の光から取り込む方法があります。

ビタミンDが多く含まれる食材としてはあん肝とサーモンが代表的です。

そして意外なのが、日光浴でビタミンDが補給出来るという事、日光を浴びることで紫外線を受け、体内でビタミンDが生成されるのです。

一日必要なビタミンDを生成するためには、夏場だと15分から30分程日の光を浴びる必要があるそうです。

ボディービルダーの人が良く日焼けをしているのは、黒く焼けることで筋肉が美しく見えるという事だけでなく、このビタミンDを生成するという目的もあるそうです。

テストステロンを増やすために良質な油を摂る

テストステロンを生成するのに良質な油というものもとても重要です。

割れた腹筋、余分な脂肪の少ない筋肉の形がクッキリ見えた体を目指すのに、油をカットする人は多いと思いますが、油はカットするものではなく、良質なものに変えるべきです。

油をカットする事で、脂肪増加を抑えることはできますが、同時に筋肉の成長も抑えてしまう恐れがあります。

しかし、オリーブオイルなどの良質な油を使用していれば、テストステロンの増加を促進することが出来るので、質の良い油をしっかり摂取していきましょう。

ちなみに、サラダ油など質の低い不飽和脂肪酸はテストステロンの減少の原因にもなるので避けて下さい。

普段料理に使用する油を以下のモノに変えるだけでテストステロンの分泌が促進されて行きます。’

  • アーモンドオイル
  • アボカドオイル
  • オリーブオイル
  • ココナッツオイル
  • パームオイル(ヤシ油)

油分は筋肉にとっても脂肪にとっても大きな影響を与えるので結構需要ですよ。

テストテロンを増やすために禁酒、減酒

シカゴのロヨラ大学の研究によると、飲酒する事で、テストステロンが減少するという事が報告されています。

野球選手やラグビー選手格闘技選手など、ゴリゴリのスポーツ選手は大酒のみというイメージが強いですが、実はアルコールは筋肉に非常に良くないんです。

彼らはそれ以上に過酷なトレーニングを繰り返しているので、たくましい肉体を保っていますが、腹筋や筋肉強化の効率を考えるとアルコールは控えるのがベストです。

オランダの研究でも、3週間続けてアルコール摂取を行うとテストステロン値がおよそ7%低下したと報告されています。

飲酒しないことで、多大なストレスがたまるという事なら適度に飲む方がいいかもしれませんが、効率的に腹筋を強化するためには極力アルコールは控えましょう。

テストステロンを増やすためにストレスを溜めない

先ほど「多大なストレス溜るのなら適度に飲酒する方が良い」と言いましたが、ストレスをためることはテストステロンの分泌に非常に悪影響なのです。

ストレスによって体内で発生するコルチゾールというホルモンがテストステロンの働きを邪魔してしまうからです。

なので、飲酒によってストレスを感じる人は、飲酒によるテストステロンへの影響と、ストレスによるテストステロンの影響を天秤にかけてどちらマシな方を選ぶ必要があるのです。

またトレーニング自体がストレスになっていると筋トレの効果を妨げるので、なるべぐ前向きに向上心を持って楽しみながら筋トレをする事をお勧めします。

筋トレが好きで楽しみながらやっている人ほど、腹筋もその他の筋肉も強化されやすく、好循環になっていくんですね。

ストレスを多く感じやすい人は色々を工夫して少しでもストレスを減らすように頑張ってみて下さい。

テストステロンを増やすためにしっかし睡眠をとる

睡眠は直接筋肉の成長にも大いに影響しますが、テストステロンの分泌にも影響するので、事情に重要な事柄です。

筋肉が睡眠などの休息中に超回復を起こして成長しているという事は、有名な話ですね。

さらに筋肉の成長を促進するテストステロンの分泌も睡眠によって増加するので、ダブルで筋肉に影響を与えているのです。

シカゴ大学の研究によると、ある男性の睡眠時間を8時間から5時間に3時間も短縮してみたところ、たったの1週間でテストステロン値がおよそ15%も減ってしまったと報告しています。

超回復の為にも、テストステロンの為にも、睡眠はしっかりできれば毎日8時間はとるようにしましょう。

テストステロンを増やすために筋トレをする

テストステロンを増やすのに一番効果的と言われているのが、筋トレをするということです。

テストステロンと筋肉は非常に密接に関係していて、筋肉を鍛えることでテストステロンが増加し、さらに筋肉が鍛えられやすくなる、そしてさらにテストステロンが高い値で保たれる。

この好循環を生み出では筋肉はどんどん成長していき、腹筋を割るなんてことは容易に実現できます。

具体的にテストステロンを増やすための筋トレの方法は、

高負荷 × 低回数 でのトレーニングです。

だいたい10回行うのが限界くらいの高い負荷をかけて限界まで行ってください。

逆に軽い負荷で100回とか200回とか行う筋トレは、テストステロンの増加にはあまり効果がありません。

高強度 低回数のトレーニングと、低強度 高回数のトレーニングを行った2組のグループで、トレーニング前後のテストステロン値を計測すると、高強度組が97%上昇したのに比べて低強度組は62%の上昇にとどまりました。

これはかなりの差ですね。

高強度の筋トレは筋肉を大きくするのにも必須なので積極的に行っていきましょう。

以上テストステロンを増やすための秘訣を紹介しました。

テストステロン値上昇の秘訣はこちらの記事見もっと詳しくかいてますのでどうぞ

テストステロンの分泌を絶大に増やす18の奥義を伝授

テストステロンを上層させて腹筋を効率的に割る筋トレ

太りたいけど太れない男がモテ筋肉質になるまでの全て

さてここからはテストステロンを上昇させて効率的に腹筋をバックりシックスパックに割るおすすめメニューを紹介します。

ココで紹介する腹筋メニューにダンベルやペットボトルを使って負荷を上げたり、パートナーに抑えてもらうとか、お子さんに乗ってもらうとかして負荷を上げて行うようにしてください。

10回で限界が来るくらいの高い負荷で行い事が、筋肉を大きくするのにも、テストステロンを高めるのにも非常に重要です。

テストステロン上昇腹筋トレーニング①シットアップ


シットアップは腹筋を鍛える筋トレの基本中の基本ですね。

床に仰向けになって脚を曲げ状態を起こす、戻すの繰り返しです。

戻す際は背中が床にベッタリついてしまわないように、常に腹筋に力が入っているように気を付けましょう。

床で行うシットアップは、脚を固定しない分腹筋だけの力でトレーニングできるので、最初は不安定になりますがなれると結構効率的な筋トレが出来るようになります。

またシットアップベンチを使うと、脚が固定されて安定するんですが、太ももの筋肉も使ってしまうので、力が分散されてしまうのですが、その分角度を付けて負荷を上げることが出来るので、腹筋、太ももをガッツリ鍛えることが出来ておすすめです。

どちらにしてもポイントとしてはできるだけ腹筋のみで状態を持ち上げるようにすることで、より効果的に腹筋に負荷をかけることが出来ます。

テストステロン上昇腹筋トレーニング②腹筋ローラー

腹筋に高負荷を掛ける筋トレと言えばこの腹筋ローラ―ですよね。

膝をついた状態でも最初はかなりきついですが、膝をつかずに出来るようになると相当な腹筋力が付いています。

最初はあまりのきつさに腹筋が引きちぎれる思いになりますので、無理をせずに徐々にレベルを上げていきましょう。

一度も出来なくて、ベターっと伏してしまってもそれなりに腹筋に負荷がかかりますから、とにかく0回からでもチャレンジすることが大事です。

出来なかった腹筋ローラーが初めて一回できた時の感動や達成感はかなりのモノですよ。

テストステロン上昇腹筋トレーニング③ドラゴンフラッグ


ドラゴンフラッグは、出来るようになるまでに結構腹筋を鍛えておく必要がありますが、これができるようになると更なる腹筋の強化が可能ですので、是非ドラゴンフラッグが出来るようになることを目標にして腹筋の筋トレを頑張ってください。

また、安定したベンチが無いとできない筋トレメニュ―なので、ある程度腹筋の筋トレがレベルアップして来たら、ベンチの導入をお勧めします。

ベンチは数千円で購入できて、筋トレのバリエーションがかなり増えるので、自宅筋トレをするのに非常に良いアイテムですよ。

相当ハードなトレーニングになるので、しっかりと基礎筋力をつけてからチャレンジしましょう。

効果的に腹筋を鍛える筋トレメニューのまとめ

という事で今回は、テストステロンの増加を意識して効率的に腹筋を鍛え上げ短期間でシックスパックを手に入れる方法について紹介しました。

テストステロンについては腹筋に限らず全ての筋肉の成長を促進してくれる、筋トレには欠かせないホルモンですので、積極的にテストステロンを増加させる習慣を取り入れてみて下さい。

 

テストステロンを増加させる為には結構ハードな筋トレが重要になってくるので、まずは基礎体力、基礎筋力をしっかりつけていくようにしましょう。

 

基礎が出来ていないと怪我などのリスクも増えますので十分気を付けて下さいね。

 

腹筋にしてもその他の筋肉にしても筋トレを成功させる秘訣は、正しい知識と計画的に継続する事です。

知識に関してはこのブログでしっかり紹介していきますので、その知識を元にしっかり計画を立てて目標に向かって継続していってください。

テストステロン関連記事↓

筋肉コメント