太りたいけど太れない痩せ型男は栄養吸収率上げてから食え

太りたいけど太れない痩せ型男は栄養吸収率上げてから食え痩せ型男の筋肉強化
スポンサードリンク

【効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓】

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

 

体を大きくするには、まず何よりも食べることが大切です。

体は食事から得た栄養分でできていますからね。

 

しかしどんなに食べても、体の中で栄養を吸収できていなかったら、食べたものが無駄になってしまいます。

そしていっこうに体がデカくならない。

 

そんな状況を改善するためには、栄養の吸収について知り、吸収率を良くする対策を練ることが重要です。

吸収率が上がったら食欲も高めて、ガンガン食べる。

 

いっぱい食べていっぱい吸収できたら、これまでの何倍も効率よく体をデカくしていけますよ。

という事で今日は、栄養の吸収率と、食欲の上げ方についてお話してきます。

太りたい痩せ型男が太る為の関連記事↓

スポンサードリンク

効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

太りたいなら体質改善で吸収率を上げる

栄養の吸収率を上げるためには、体質を改善することから始めなければいけません。

食べたものは胃で消化されて、腸で吸収されて行くので、内臓を元気にしておく必要があるからです。

 

内臓の良し悪しは、色々な事が影響しています。

 

その中でも体質を改善することで、内臓に与える影響は結構大きいので、重量な部分です。

食べても食べても体が大きくならない人も、体質を改善することで栄養の吸収率が上がってデカくなっていく事が出来るかもしれません。

 

太りたいなら虫歯や歯並び、噛み合わせを治して体質改善

歯のかみ合わせが悪かったり歯が弱いと、しっかりと噛めないので、消化には良くありません。

 

消化が悪ければ吸収が上手く出来ないので、歯の調子を整えてしっかりと噛んで食べる習慣をつけると、胃腸への負担も少なくなって、消化吸収が改善されて行きます。

さらに歯の噛み合わせが良くなると、筋トレの時に大きな力を発揮しやすくなったり、片頭痛や肩コリ、めまい、腰痛、耳鳴りなどが起こるリスクが軽減されます。

 

これらは、ストレスの原因にもなり筋肉の成長の邪魔をしてしまうので、歯に自信がない人は歯医者さんに一度見てもらいましょう。

 

太りたいなら骨格の歪みを治して体質改善

骨格の歪みも神経伝達異常や、血液循環異常、自然治癒力の低下、そして内臓機能の低下の原因になるので、改善する事で栄養を吸収しやすく太りやすい体になる事に繋がります。

 

また猫背も骨格の歪みの原因になり、骨盤の歪みをおこし胃下垂の原因にもなります。

胃下垂も胃腸の働きを悪くするので、消化吸収悪化の原因です。

 

普段から姿勢があまりよくない人は特に、整体院に行って体のゆがみを診てもらってください。

猫背の場合は矯正シャツや加圧シャツが、上半身に圧をかけて筋肉を刺激しトレーニングの効率化にもなるのでお勧めですよ。

 

太りたいならストレッチをして体質改善

ストレッチも骨格の歪みを改善するのに効果的です。

ある程度の体の歪みなら毎日念入りにストレッチを行っていれば修正されて行きます。

 

整体で歪みを整えてもらった人も、その後正しい状態をキープするためにもストレッチの習慣化がおすすめです。

さらに全身の筋肉にも刺激をあたえることができ、血の巡りも良くなって内臓の調子が改善されます。

 

自立神経失調症の改善にもストレッチは効果的です。

ホルモンの分泌も促がせたり、ストレッチは良いこと尽くしです。

 

筋トレの最後にストレッチをすると、ハードな運動で縮んだ筋肉を伸ばし、呼吸を整えて体をリラックス差せる効果もあるので、ぜひやってみて下さい。

 

太りたいなら胃下垂を治して体質改善

骨盤のゆがみを直すことで、胃下垂の改善になると言いましたが、胃下垂を改善する方法は他にもあります。

 

その前にまず胃下垂と何かを説明しますと、筋力の低下や、骨盤の歪みのせいで胃が通常の位置よりも下に垂れ下がっている状態の事です。

胃全体が下がっているんじゃなくて、吊るされてる位置は同じで下にビヨーンと伸びている状態になっています。

 

この状態だと胃が正常に働きにくいので、消化が悪くなってしまうという事です。

筋力の低下が原因という事は、胃のまわりの筋肉を鍛えてあげれば改善できると言うわけですね。

脂肪にも胃を支える効果があってデブは筋力がない人でも胃下垂になりにくく、痩せ型の人は脂肪がなく筋力も弱くなりがちなので、胃下垂の人は痩せている人が多いんです。

 

そして、痩せ型の人でもスポーツをしていて下腹部の筋肉がしっかりと鍛えられている人は、胃下垂にならないのです。

 

なので痩せ型が胃下垂を治すには下腹部のトレーニングが大切なんです。

下腹部のトレーングと言えば、足上げ腹筋とスクワットが効果的です。

 

しっかりと鍛え上げて胃下垂を改善しましょう。

 

太りたいなら酵素を摂取して体質改善

酵素は、消化吸収を良くしてくれる働きがあるので、毎日摂取する事で胃腸への負担が軽減され、栄養をどんどん吸収していけるようになります。

 

カリフォルニア州で行われた実験によると、痩せ過ぎや体重不足の人たちに酵素を摂取させたところ91%の人たちの痩せ過ぎが改善されたという結果が出たそうです。

酵素は栄養の吸収率を上げるうえで、かなり重要で効率的な成分でですが、酵素の分泌量は人によって多かったり少なかったり様々です。

 

同じ量を食べてもたくさん栄養を吸収して太りやすい人と、吸収率が悪くて太りにくい人の差は酵素の分泌量が大きく関わっています。

アルコールの分解にも酵素が関わっていて、お酒に強い人と弱い人がいるのも酵素の分泌量の違いです。

 

ただ酵素にも種類があってそれぞれ働きが違うので、痩せている人がお酒に弱いという事ではないですよ。

 

酵素は、お寿司やお刺身などの生ものや納豆、チーズといった発酵食品に多く含まれて居ます。

その他、大根やとろろなどの野菜、キウイやパイナップルなど酸味のきいた果物にも多く含まれています。

 

生野菜からも酵素を摂ることができるので、生野菜や果物のジュースもおすすめです。

酵素をしっかりと摂ると消化吸収力を上げる以外にも、内臓の調子を良くしたり胃の負担が軽くなって、胃もたれももしにくくなります。

 

太りたい痩せ型男の為の栄養吸収しやすい食べ方

栄養を吸収しやすくする為には、体質の改善の他に食べ方を工夫する方法もあります。

吸収しやすい調理法や、吸収しやすいタイミングがありますので、実践してみて下さい。

 

食材を柔らかくして栄養吸収率アップ

柔らかく調理して食べると栄養の吸収がしやすくなります。

特にあまり噛まずにすぐ飲み込んでしまう人は、あらかじめ柔らかくして食べる事で、消化吸収がしやすくなります。

 

ご飯ならおかゆにしたり、肉ならミンチを使ったハンバーグなど、野菜はフードプロセッサーでペースト状にしたり、おろし金でおろしたりすると吸収しやすくなります。

大根、山いも、玉ねぎ、にんにく、しょうがなどは、酵素も豊富に含まれていますので、たくさんおろして色んなものに添えて食べていきましょう。

 

ハンバーグと大根おろし、納豆と山いも、お刺身にしょうがなど酵素豊富なもので組み合わせるのも良いですよ。

 

やわらかく消化に良い物をべることで、胃の負担も軽減できます。

 

腹を減らして栄養吸収率アップ

お腹が減っている時は、体が栄養を欲しがっているので吸収率が高くなっています。

空腹感が増せば増すほど早く栄養をくれというサインですので、その分モリモリ吸収してくれるようになります。

 

あまりお腹が減っていない時に食べるより効率的に栄養を取り込めるんですが、あまり空腹の状態を長く続けるのも筋肉には良くないです。

 

特に痩せ型の人は、脂肪が少ないのでエネルギーが足りていないと脂肪の代わりに筋肉を分解してしまうので、大事な筋肉の減少を促進してしまいます。

 

他の方法で吸収率を上げて空腹にならないように間食して常に栄養で満たして体をデカくするのが、効率の良い方法なんですが、あまり食欲が出なくて間食がストレスになるのであれば、最初の内は食欲を出すためにも腹ペコになるまで待ってからモリモリ食べた方が良いのです。

 

その時の状況に合わせて効率よく筋肉と体重を増やしていくように、食事のとり方も変えることが必要です。

 

筋トレをしっかり行っていけば、筋肉量が増えて基礎代謝が上がり、エネルギーをどんどん消費するようになるので、スグに空腹になって食欲も旺盛になるでしょう。

結局はしっかりトレーニングして、しっかり食べる。そしてしっかり寝ることが大切なんですよ、体を大きくするのには。

 

太りたいけど太れない痩せ型男は栄養吸収率上げてから食えまとめ

という事で、今回は栄養の吸収率を上げて効率的に栄養補給をしてどんどん体をデカくするためのお話でした。

 

今日のお話の内容をまとめると、

  • 栄養の吸収率が悪いといくら食べても大きくなれないので、体を大きくするには栄養を吸収しやすい体つくりからすることが大切
  • 栄養の吸収率を上げるには、
    • 虫歯や歯並び、噛み合わせを治してよく噛んで食べる
    • 整体やストレッチで骨格の歪みを治して内臓を元気にする
    • 腹筋や猫背の矯正で胃下垂を治して胃の働きを良くする
    • 酵素をたくさん摂取して吸収力を上げる
    • 柔らかい食事で吸収しやすくする
    • 空腹時に食べて吸収率を上げる
    • たくさん運動して食欲を旺盛にする

まとめが多くなりましたがこんな感じですね。

 

まず真っ先に吸収率を改善してからでないと、栄養がなかなか体に入ってこないので、効率よく増量できません。

今日紹介したことはできる限り実行してみて下さい。

 

栄養の吸収力さえ上げれば、食べた分大きくなっていきます。

後はガッツリトレーニングして脂肪ではなく筋肉をつけていく事ですね。

 

栄養をどんどん取り込めるようになると、何をするにも活気が出てきますよ。

筋トレのやる気もバッチリ出てくるので、モチベーションをこれまでより高くキープできます。

 

栄養満点の元気な体でバリバリ体鍛えて下さい。

太りたい痩せ型男が太る為の関連記事↓

筋肉コメント