【筋肉痛の治し方】太ももの前側・裏側・内側を一早く回復させる方法

【筋肉痛の治し方】太ももの前側・裏側・内側を一早く回復させる方法筋肉痛
スポンサードリンク

【効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓】

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

どうも、筋肉痛になってないと筋トレが足りなかったのかと不安になる。

筋トレ大好き 筋太郎です。

 

筋トレと筋肉痛は切っても切れない関係ですよね。

 

筋トレ初心者の事は激しい筋肉痛に毎日ストレスしか感じず、

本当に毎日辛い思いをしていましたし、

そのせいで筋トレを挫折してしまう寸前でした。

 

僕の筋トレ初心者の頃から筋トレにハマるまでのお話はこちらとどうぞ↓

痩太郎が筋太郎に進化するまでの無駄だらけだった筋トレ物語

 

最初は辛い筋肉痛ですが、筋トレが習慣化されてしまうと、

筋肉痛の痛みも和らいで程よい痛みに快感すら覚えるようになります。

 

でもやっぱり筋肉痛は少しでも早く治したいものです。

いつまでも筋肉痛だと次の筋トレがなかなかできないですからね。

筋トレ初心者の方にとっては私生活にも支障が出るので、結構重要な悩みです。

 

特に太ももの筋肉痛は歩くのも辛いし、しゃがんだりするととんでもない事になります。

そこで今回は太ももの筋肉痛を早く治す方法について紹介していこうと思います。

 

スポンサードリンク

効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

太ももの筋肉と筋肉痛について

太ももには大きく分けて前裏外内と4つの筋肉群があり、

もちろんそれぞれ筋肉痛になります。

 

まず太もものそれぞれの筋肉群と筋肉痛について簡単に紹介します。

 

太もも前側の筋肉痛【大腿四頭筋】

太ももの前側にある筋肉は大腿四頭筋と言って、

4つの筋肉が集まっていまるとても大きな筋肉です。

 

大腿四頭筋はスクワットなど、脚の裏でモノを押し出す運動で鍛えることが出来ます。

 

また脚を蹴り上げる際も大腿四頭筋を使いますので、

歩く、走る、しゃがむ、昇る、降りるなど、様々な動きに関わっている筋肉なので、

大腿四頭筋が筋肉痛になると、かなり不便で常に変な動きになってしまいます。

 

太もも裏側の筋肉痛【ハムストリングス】

太ももの裏側の筋肉はハムストリングスと言って、

しっかり鍛えておかないと筋肉痛になりやすい筋肉です。

 

大腿四頭筋は主に脚を延ばす時に押す力ですが、

ハムストリングスは逆に曲げる時に引っ張る運動で鍛えます。

 

また、ハムストリングスの主な役目は、

大腿四頭筋の補助や、大殿筋の補助と言ったまさに裏方的な働きを担っていたり

下半身の多くの筋肉のサポートをするかなり重要な筋肉です。

 

アクセル筋という別名も持っていて、

歩いたり走ったりする際に前に進む為の筋肉でもあります。

 

つまりハムストリングスが筋肉痛だと

やはり歩くのがぎこちなくなり、前に進みにくくなるんですね。

 

太もも内側の筋肉痛【内転筋群】

太ももの内側の筋肉は、内転筋群と言って、

股関節を開いた状態から脚を閉じる時に活躍する筋肉です。

 

その他、脚を大きく開いて腰を落とす相撲の「四股」のような動きをする時や、

片足で立ってバランスを取る時にも内転筋群を使います。

 

大きく足を上げて四股を踏む力士さんはかなり内転筋が鍛えられているという事ですね。

 

普段あんまりする事のない動きなので

内転筋群が筋肉痛でもそんなに私生活に支障はありませんが

、片足でバランスと取るような状況になったら辛いですね。

 

太もも外側の筋肉痛【外転筋群】

太ももの外側にある外転筋群は、

内転筋群と逆で股関節から脚を開く時に活躍します。

また、歩行中などに体の向きを変える際に活用します。

 

その他、骨盤の位置を安定させたり、

内転筋群とコンビでバランスを取る時に使われる筋肉です。

 

外転筋群の筋肉痛も私生活にあまり支障ないですが、

外側なので何かにぶつかったりすると辛いです。

 

太ももの筋肉痛の効率的な治し方

さてココからはいよいよ太ももの筋肉痛を

効率よく治す方法について解説してこうと思います。

 

人体に非常に馴染深い筋肉痛ですが、

実はそのメカニズムは現代医学をもってしても

ハッキリとわかっていません。

 

筋肉の繊維が回復する際に伴う痛み

というのが有力な説の様ですが、曖昧なようです。

 

なんにせよ筋肉痛は筋肉が炎症を起こしている状態ですので、

まずはその炎症を抑えることが筋肉痛を治すポイントで、

炎症を抑える為には血行を良くしてあげることが大切です。

 

筋トレ直後は太ももをアイシングで冷やす

血行を良くするのが良いと言われると温めたくなると思いますが、

筋トレ直後の炎症がまさに起き始めている時は温めるのは厳禁です。

 

筋トレ直後は逆にアイシングをして筋肉を冷やすことで炎症を抑えることができます。

 

筋トレで熱くなった筋肉をしっかりクールダウンする事で、

筋肉痛がひどくなるのを予防し、回復も早くなると言われてます。

 

筋肉が硬くなっていたら温める

筋トレ後しばらくして、

十分にクールダウンできた筋肉が硬く張っている感覚がある場合、

今度は温めて血の流れを良くしてあげましょう。

 

血の巡りが良くなると、

血液中の老廃物が流れ出て張りが和らいでいきます。

 

ただ、筋肉痛の痛みがあまり激しい時は、

温めるとさらに炎症がひどくなるので注意が必要です。

筋肉痛の痛みがひどい時は入浴などは控えるようにしましょう。

 

温冷交代浴で自律神経を活発化

 

温冷交代浴をすると、自律神経の働きが活発になって

血行も良くなるという効果が期待できるので、

筋肉痛を治すのに効果出来です。

 

汗で体の水分が多く失われるので

十分な水分補給をしてから始めるようにしてください。

 

温冷交代浴のやり方は、

42℃程度に沸かしたお風呂に1~2分程浸かったあとに

10~15℃程度の低温の水に10~30秒浸かります。

 

自宅で行う場合は冷たいシャワーで代用できます。

この温かいお湯と冷たい水を交互に5回ほど繰り返して終了です。

お湯と水で1セットなので最後は水で終わります。

 

温度差が大きいので慣れるまでは辛いと思いますので、

手や足だけなどから始めて徐々に全身へと範囲を広げていきましょう。

 

マッサージとストレッチで血行を促進

日ごろからしっかりストレッチをしておくことで筋肉痛の予防にもるし

筋肉痛の時にマッサージとストレッチをすると

リンパの流れと血行がよくなり、回復が早くなります。

 

ストレッチには硬くなって縮んでいる筋肉を伸ばす効果もあるので

筋肉痛には非常に有効です。

 

マッサージとストレッチはお風呂上りが効果的なので、

温冷交代浴の後にしっかりストレッチをすると

より筋肉痛の回復に効果的ですよ。

 

太ももやふくらはぎの筋肉痛の場合は

先に内ももをさする事でリンパの流れを促進します。

リンパが流れて血行も良くなったら指圧マッサージです。

 

仰向けになったて膝を立てた状態になり、

両足の下腿をそれぞれの手でつかむようにマッサージします。

 

親指でふくらはぎを指圧し、その他の指ですね側を指圧する感じです。

ふくらはぎだけでも非常に気持ち良いですが、

両側から指圧する事で全体的に筋肉がゆるんでいきます。

 

次に、裏腿の中心線上を親指と中指でグイグイ押してほぐしていきます。

最後に、お尻の肉を横側から揉んで中殿筋をほぐしていきます。

 

マッサージで下半身の筋肉をほぐしたら、

アキレス腱、ふくらはぎ、太もも前側をストレッチして

筋肉をしっかり伸ばしましょう。

 

筋肉痛の時はしっかり筋肉を休める

筋トレで筋繊維がたくさん切れてしまった筋肉は、

超回復という筋肉の修復が行われて、

以前よりも大きくて強い筋肉に成長していきます。

 

この超回復が行われている時に筋肉痛が起こるというのが、

筋肉痛の原因として1つの説なんですが、

筋肉痛の時にさらに筋トレなどの運動をして筋肉を傷めつけると

筋肉痛を悪化させるだけでなく、筋肉の成長も妨げてしまいます。

 

筋トレの効果がかなり出にくくなってしまうので

絶対に筋肉痛の時は筋トレをしてはいけません。

つまり筋肉痛の時は筋肉を休ませることが非常に大事なのです。

 

特に睡眠は最重要で、睡眠中しっかりとることによって

筋肉の生成を促進する男性ホルモン「テストステロン」が多く分泌されて

筋肉の回復をし分解の抑制をしてくれます。

 

筋肉にとって睡眠は筋トレよりも大切なので、

筋肉痛を早く治すためにも、筋肉を早く大きくするためにも

日ごろからしっかり睡眠をとるようにしましょう。

 

筋肉痛を早く治す・予防するにはサプリが大事

さてココまで筋肉痛を早く効率的に治す方法についてお伝えしてきましたが、

さらに筋肉痛の回復を早くする方法として、栄養をしっかり摂取することが大切です。

 

人間の体は栄養で作られていて、筋肉も例外ではありません。

 

しっかりと必要な栄養を摂取することで一早く筋肉痛を治すことが出来ます。

更には筋肉の成長も栄養によって非常に早くなります。

そして効率的に栄養を補給するにはサプリメントがおすすめです。

 

筋肉痛を治すにはタンパク質が必要

筋肉の素と言えばまずタンパク質ですよね。

タンパク質とはプロテインの事です。

 

プロテインをしっかり摂っておかないと筋肉の成長も遅くなりますし、

筋肉痛の回復にも時間がかかってしまします。

 

筋トレをするならプロテインを多く摂れるように

食事も意識する必要があります。

 

ただ正直言うと、

プロテインは卵や肉などの食事で摂取できる分で十分なんです。

 

特に筋トレ初心者や中級者の筋肉に

そんなの大量のプロテインを投入する必要はありません。

それよりももっと摂取するべき栄養素があるのです。

 

筋肉の成長と筋肉痛の回復を早め、分解を抑えるサプリ

筋肉痛の時に筋トレしていいの?納得の答えご用意します。

筋肉痛の回復だけでなく筋肉の成長を早めるという栄養成分があって、

僕はこっちの栄養を圧倒的におすすめしているんですが、

その栄養成分の名前が「HMB」です。

 

HMBがなぜプロテインよりもおすすめかと言うと、

HMBを摂っておくことで、少ないプロテインでも

しっかり筋肉を生成してくれるからです。

 

HMBは体内のプロテインを筋肉に活用するように促す働きがあります。

 

普段だと筋肉以外の色々なものに使用され

全体の数%しか筋肉にならなかったプロテインが、

HMBが多く体内にあるコトで、何倍ものプロテインを

筋肉生成へと使用することが出来るようになるんです。

 

つまり食事で摂取する分のプロテインで十分に筋肉が付き、

筋肉痛も効率的に回復するという事です。

 

HMBの働きは筋肉に多大なメリットになる

HMBをしっかり摂取していると、筋肉の生成と回復を早め、

筋肉の分解を抑制するという事が期待できます。

 

つまり、総合的に筋肉の成長速度が加速していくという事なんです。

 

僕もHMBサプリを飲み始めてから、毎日の筋肉痛が圧倒的に和らいで

毎日辛くてたまらなかった筋肉痛になりにくく、治りやすい体になったんです。

 

そして筋肉痛がスグに治って、

日々の体調も絶好調なので筋トレがめちゃくちゃはかどるようになりました。

 

辛さに耐えて我慢の筋トレだったのが、

筋トレをするのが待ち遠しいほど楽しく出来るようになっていき、

気が付けば筋トレの成果がでて、体が大きく強くなっていました。

 

本当におすすめなサプリです。

以下の記事に詳しく書いてますので是非読んでみて下さい。

HMBサプリの正しい知識で効果なしの筋トレを嘘のように超効果的にする!
HMBのお陰で超効果的な筋トレを継続できた事が今の僕の基礎になっています。 当ブログ管理人 筋太郎です。 僕もかつては筋トレは努力と根性だと多い、必死で毎日辛いと筋トレを頑張っていましたが、正しい知識と適したサプ...

 

筋肉痛の治し方太ももの前裏内側徹底回復まとめ

という事で今回は、太ももの筋肉痛の治し方について紹介しました。

 

筋肉痛を早く治すには、

  • 筋トレ直後はアイシングで冷却し炎症を防ぐ
  • その後筋肉が張るようなら温めて炎症を抑える
  • 温冷交代浴がおすすめ
  • マッサージとストレッチは日々行う事で筋肉痛を和らげる
  • 筋肉の回復に睡眠が最重要
  • 栄養を十分摂ることで筋肉痛も早く治る
  • HMBは筋肉にとって最高の栄養

という事でした。

 

筋トレは最初は筋肉痛も激しく辛いですが、

慣れてきて波に乗ってくると信じられないほど楽しくなっていきます。

 

筋トレが心から楽しいと思えるようになれば

何の努力もなくただ楽しんでやっているだけで

どんどんいい体になっていきます。

 

ただそこまで到達するまでに挫折してしまう人が本当に多いんです。

 

初心者の挫折の原因に「辛い筋肉痛」があげられますが、

筋肉痛も軽減して筋肉の成長も早めてくれるHMBサプリの登場は

本当に筋肉質に憧れる全ての人の希望の光になっています。

 

僕もこのサプリのお陰で筋肉痛の辛さを克服し、

筋トレを楽しいと思えるようになりました。

 

筋肉痛の辛さに耐えて毎日を過ごしている人は

是非ともこのHMBサプリで、楽しく筋トレを継続して

理想の体と理想の人生を獲得してほしいです。

 

僕が愛用しているイチオシのHMBは「バルクアップHMBプロ」です。

 

筋肉コメント