筋肉痛の時に筋トレしていいの?納得の答えご用意します。

筋肉痛の時に筋トレしていいの?納得の答えご用意します。筋肉痛
スポンサードリンク

【効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓】

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

 

激しいトレーニングや慣れない部位でのトレーニングはいつもついて回る筋肉痛。

動かすだけで痛かったり、体が重くなったりとしんどいものですが、どこか筋肉痛待ちな自分もいたり(笑)と誰もが経験したことがありますよね。

筋トレを続けていくと、体が大きくなり、どんどん楽しくなって毎日筋トレをしたくなってきますよね~。

僕も、週に2回HIITトレーニングを軸に筋トレしています。毎回、筋肉痛になるまで追い込んでます(笑)

そんな僕も最初のころ持っていた「筋肉痛の時って、筋トレしていいの?」その疑問、解決します!

 

スポンサードリンク

効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

そもそも、筋肉痛とは?

そもそも、筋肉痛とは?

疑問解決の前に、まずは筋肉痛について正しい理解をしておきましょう。

そもそも、人間の身体にはストレスが加わると、そのストレスに耐えられるように適応する能力が備わっています。

例えば、骨などは、骨折して治すと以前より強くなる。心肺機能は、持久走を何度もしているうちに慣れて強くなる。みたいなものです。

筋肉も同じで、強い負荷(ストレス)に慣れることで適応して大きくなり発達するのです。

そのストレスが溜まって、「もうこれ以上はキツイ!」という筋肉の信号の一種として筋肉痛があります。

また、筋肉痛の中にも、度合いがあって、筋肉痛を超えると肉離れなど重度の怪我につながるということも理解しておいてください。

筋肉痛の時の筋トレは効果があるの?

筋肉痛の時の筋トレは効果があるの?

それでは、筋肉痛の時の筋トレの効果ですが、、、全くありません。

むしろ逆効果です。

筋肉痛は先ほども述べたように、ストレスがかかっているという信号ですから、そのストレスをもっと深めるというのは逆効果になるんですねぇ。

ただ、筋肉痛があってももっと追い込みたいと思いますよね。

実際僕も、行ったことがあるのですが、想像以上にきついし、重量上がらないし、そんな自分に腹が立って筋トレが面白くなくなった思い出があります(笑)

そこで、筋トレのパートナーに言われた一言を紹介します。

「筋肉痛の時に筋トレをすることは、仕事で例えるなら、精神的なストレスを自分の限界以上与えられるようなもんなんだよね。それが続くとさ、立ち直れなくなったり、うつ病になったりする。それと同じなんだよ!

うん。なるほど。その通りだと感心したことを覚えています。

では、筋肉痛の時にするべきこととは?

では、筋肉痛の時にするべきこととは?

ここまで、理解すると何が効果的か知りたいですよね!

実際に、僕が行っていることをいくつか紹介したいと思います。

僕がお勧めしているのは、有酸素運動です。

筋トレはできないけど、運動はしたいと元気もりもりな僕は、筋肉痛時はゆっくりとした有酸素運動を一時間程度行うようにしています。

この有酸素運動を行うことで、脂肪が燃えている感覚と、血流がよくなって筋肉が柔らかくなっているという感覚を得ています。

実際にこの2つは科学的にも証明されているらしく、疲労回復にも効果があるそうです。特に脂肪燃焼に関しては、筋肉痛時は基礎代謝が高まっている状態らしいので、いつも以上に走っていて体が火照るのを実感することが出来ると思います。

ちなみに僕は、筋肉痛の時は比較的早い段階から汗をかいています。そのときは、「脂肪が燃えているんだな。」と自分に言い聞かせて、気持ちよくなっています。(笑)

しかし、やりすぎは厳禁ですけどね!

そして、そのあとはクールダウンをし、筋肉痛を取るためや硬くならないように、入念にストレッチをして筋肉を緩めています。

このストレッチも、有酸素運動の後もしくは風呂上りなど、筋肉が温まった状態で行うことで、効果を感じています。

筋肉痛の部分をいきなりストレッチすることは結構痛いし、筋肉も傷つくので極力控えましょう。

もちろん、休息も大事ですので、運動をしないというのも良いと思いますが、僕は効率よく脂肪燃焼もしたいので有酸素運動を取り入れています。

筋肉痛の時に筋トレしていいのかのまとめ

筋肉痛のことは理解できましたか?

筋肉痛の時の筋トレは痛いし、きついし、効果がないとなると絶対筋トレはできませんよね(笑)

ただ、筋肉痛までトレーニングで追い込むことは非常に大事なので、トレーニングをする際は筋肉痛になるまで、思いっきり筋トレを楽しんでください。

そして、筋肉痛が収まるまでは、脂肪燃焼のチャンスだと思い、筋トレの分の体力を有酸素運動に向け、疲労回復や美しい体作りに励むことをお勧めします。

そして、何より大事なのは、筋肉を休めることも一種の筋トレなのだと思って休息する勇気をもって下さい。

ってことで、ひとっ走り行ってきまーす!

筋肉コメント