筋トレを女性が始めるならジム?自宅? 知らないと損するデメリットとは

筋肉強化のための基礎知識
スポンサードリンク

【効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓】

テストステロン×筋トレのモテ効果!ヤバ過ぎる7大効果の影響力!!

 

近頃、筋トレ女子も徐々に増えてきました。24時間営業しているジムなどもでき、筋トレを取り巻く環境は少しずつ豊かになりつつあります。

しかし、ダイエットに筋トレが効果的だと聞いても、興味はあるけど何が良いのかわからないからと尻込みしている女性も多いはず・・・

今回は、筋トレ2年目の私が自分の経験を踏まえて、自宅と自宅以外でのトレーニングを比べてみました。

貴方は何を選びますか?

スポンサードリンク

効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓

テストステロン×筋トレのモテ効果!ヤバ過ぎる7大効果の影響力!!

筋トレを始める女性は何を選べば良い?

筋トレ効果のあがる食事メニュー~しかも包丁不要で簡単手間いらず!~

私が“筋トレをやってみよう”と思い立った時、最初に悩んだのがこれです。ジムに通うべきか?自宅でコツコツやるべきか?

職場の近くに、あの有名なゴールドジムがありました。地方に住んでいる私にとっては「ジム」=「ゴールドジム」な感もあります。

あとは地方自治体が管理している体育館の片隅にある、トレーニングのためのわずかな道具。自宅かゴールドジムか体育館の片隅か・・・

結局、選んだのは自宅でした。

なんといっても自分の好きな時間に出来ることと、コストがゼロ!これが自宅の一番のメリットです。しかし、順調にスタートしたかに思えた筋トレですが、思いのほか早く壁にぶち当たりました。

スポンサードリンク

筋トレは自宅ですると、いろいろ時間がかかる

筋トレ初心者でも出来る!!自宅で簡単に出来る筋トレメニュー!!

何から始めれば良かわからない・・・

冗談に聞こえるかもしれませんが、本当です!スタートしたつもりが、まだスタートラインにも立っていませんでした。そこからは、ガンガン調べまくりです。

私の目標は、はっきりしていました。垂れたお尻をプリッとあげることです。あちこちのサイトや本をあさり、スクワットにたどり着きました。

でも、スクワットと言ってもたくさんの種類があり、フォームによっては望むスタイルに成れないばかりか、付けたく無いところに筋肉が付いてしまうこともあるとのこと。

自分で鏡に映ったフォームをチェックしつつ、効かせたい筋肉に本当効かせられているのか試行錯誤の日々でした。

しかも、これらの情報はすべて筋トレを始める前に集めることが出来た訳ではなく、やっている中で「何だかおかしい」と思ったら調べて、筋トレして、調べての繰り返しでした。

そうなんです。調査→検証→調査→検証→(ここから何回か繰り返した後)→成果なんです。自宅で筋トレを始める初心者のデメリットがここにあります。

例えば、ゴールドジムなどの会員制ジムで教えてもらえるのと自分で調査と検証を繰り返すのでは、思ったところに筋肉がつくまでの期間が3倍も4倍も違ってきます。

筋トレは裏切らないので、模索しながらでもコツコツとやっていれば、時間はめちゃくちゃかかりますが何とかなります。しかし、次の壁が出現するんです。

スポンサードリンク

筋トレを始める女性はジムに通うべき?

次の壁は、筋肉の成長が伸び悩む時期が早く来ることです。

自宅で筋トレだと、a)どうしても軽い負荷になってしまうことと b)正しいフォームを覚えるのに時間がかかること、c)経験と知識が少ないことが原因ではないかと私は考えています。

a)軽い負荷について

安くすむならトコトン安く!をモットーに、私は筋トレの道具を買うこともなく、とにかく自重トレーニングをしています。実際は「自重トレーニング」と言うのもはばかられる程度の筋トレでしかありません。(胸を張って言うな!ですね)

最近の研究では低負荷でも高回数トレーニングすれば筋肥大が見込めるそうなんですが、へろへろになるまで追い込まなければならない低負荷・高回数の筋トレは、精神力が皆無の私には到底無理な話です。

この間、とても素敵なマッチョさんが筋トレしている動画を見ていたら、スミスマシンと言うのが出てきました。安全に高負荷の筋トレができそうでした。

それに、スミスマシンを使ってるだけで、なんだか素敵に見えます。

b)正しいフォームを覚えることについて

私が最初に取り組んだ筋トレはスクワットでしたが、自分にとって正しいフォームと言うのが本当に難しかったんです。

両足の幅が1㎝広くても、狭くても効いている筋肉の箇所が変わってきますし、上体の角度がほんの少し違っただけでも効き方が変わります。

鏡を見ながらスクワットしても、今ひとつ自分のフォームが正しいのかわかりません。こんな時、トレーナーが居てくれたら・・・と思いつつ「太もも平行になってる?なってる?」って、フォームのチェックを母に頼んだ私です。

c)経験と知識が少ないことについて

ジムには、経験・知識ともに豊富な人達がいらっしゃいますね。トレーナーだったり、そこでトレーニングをされている方だったり。

ゴルフの打ちっぱなしに頻繁に出没する、にわかコーチがジムにも出没するらしいので見極めは肝心!です。ですが、たとえ初心者同士でも情報交換や相談が出来ることって大切だと思います。

特に大多数の女性はコミュニケーションの生き物です。筋トレ自体はひとりで黙々とトレーニングするものだと思いますが、ひとりで頑張れば頑張るほど、その後コミュニケーションがとりたくなることも多いはず。

足りない知識や経験を補いながら、コミュニケーションもとれるジムは、案外女性向きなのかもしれません。

スポンサードリンク

ジムの種類とフィットネスとの違い

ジムは、単に「ジム」や「トレーニングジム」とか「スポーツジム」と呼ばれ、大きく3つに分けることができます。

  1. 地方公共団体などが運営している公営ジム
  2. 企業などが経営している会員制ジム
  3. マンツーマンでトレーナーが指導してくれるパーソナルジム

①→③になるほど料金が高くなりますが、得られる満足感は比例して大きくなります。

フィットネスは単に「フィットネス」や「フィットネスクラブ」と呼ばれます。

大まかな違いは、ジムが筋肉を鍛えることに特化して、筋トレの器具を主に有するのに対し、フィットネスはトレーニングジムの他にも、ヨガなどが出来るようにスタジオがあったり、室内プールの設備などが揃っています。

最近では、筋トレ器具以外の設備を備えるジムも多くなってきたので、ジムとフィットネスの区別がつきにくくなっています。

スポンサードリンク

筋トレはジムに通う、通わない、どっちが良いの?

今更ですが、実は私、ジムやフィットネスに通ったことがありません。見学止まりです。(笑)

筋トレを始めようと思った時、ゴールドジムへ見学に行きました。逞しく優しそうなトレーナーと充実した設備を拝見して、ぜひ通いたいと思っていましたが時間の折り合いがつかず、やむなく自宅でトレーニングすることにしました。

ジムやフィットネスに通う場合、女性は料金システムや立地条件の他に衛生面や防犯面が特に気になるところです。企業で格差がありますので実際に見学して、その場の雰囲気や女性が利用するのに配慮がされているかを念入りにチェックしてください。自分に合う、合わないを判断するのに時間がかかるところが、ジムやフィットネスのデメリットと言えるでしょう。

私の場合は、紆余曲折がありましたが自宅でも一定の成果がでました。しかし、時間とお金が許すなら、ジムやフィットネスに通う方がずっと効果的に良いプロポーションを手に入れられたと思います。

また、その人のニーズや目標に向けてトレーニングメニューを考え、指導するのはもちろんのこと、栄養面の指導までしてくれるパーソナルジムは、なりたい自分に安全かつ最短でなれるのと同時に、トレーニング自体にも満足度が高いと思います。

スポンサードリンク

筋トレを女性が始めるならジム?それとも自宅?のまとめ

  • 自宅でトレーニングのメリットは、自分のタイミングで出来ることとコストゼロ
  • 自宅でトレーニングのデメリットは、いろいろと時間がかかること
  • ジムでトレーニングのメリットは高負荷の器具があることとトレーナーが居ること

※ただし、公営のジムにはトレーナーは居ません

  • ジムの種類は大きく分けて①公営②会員制③パーソナルの3種類があり、フィットネスには筋トレ以外の設備も豊富。しかし、最近は区別しにくくなっている
  • 筋トレはパーソナルジムから始めるのがお薦め

私は、1~2ヵ月パーソナルジムに通って筋トレ方法や食事について指導を受けてから、会員制のジムやフィットネスに切り替えて、自宅での筋トレも平行してするのが理想的だと思います。しかし、個人のおかれている状況や都合・優先順位は違います。ですから、簡単にどれが良いとは言えません。

メリット・デメリットをしっかりと情報収集して、良い判断ができますように・・・

そして、充実した筋トレ生活がスタートできますように・・・ かげながら応援しています。

筋肉コメント