松本人志の筋肉!いつから?バランスの悪い筋肉の理由は?画像と共に追求

芸能人・有名人
スポンサードリンク

【効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓】

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

お笑い界のレジェンドと言えば松本人志ですよね。

ただ彼は筋肉界のレジェンドにもなりつつあります。

 

いつの間にか筋肉質でゴツイ体になっていたと思いきや、

気づけは筋肉を売りにしている筋肉芸人たちを凌駕するほどの

筋肉質になっていた松本人志。

 

何かが松本人志をそうさせているのか。

今回は圧倒的大胸筋を誇る松本人志の筋肉について追及していきます。

 

効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

松本人志のプロフィール

お笑い筋肉魔人 松本人志の筋肉について話す前に、

プロフィールをお伝えしておきます。

 

長年お笑い界のトップに立ち誰もが知っている松本人志ですが、

意外と知らないこともあると思いますので再確認しておきましょう。

 

松本人志の基本情報

以下がお笑い筋肉大魔王 松本人志の基本情報です。

  • 名前:松本人志(まつもと ひとし)
  • 出身地:兵庫県尼崎市
  • 生年月日:1963年9月8日
  • デビュー:1981年
  • 出身高校:県立尼崎工業高等学校
  • 最終学歴:吉本総合芸能学院(NSC)
  • コンビ名:ダウンタウン(ボケ担当)
  • 所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

吉本の芸人養成所の第一期生から伝説のお笑い芸人へとなり上がって行きました。

松本人志の経歴

お笑い筋肉伝説 松本人志は、1982年に吉本興業が運営する

新人タレント養成所NSCに第一期生として入所し、’

共に入所した小中学校の同級生である浜田雅功とコンビを結成しました。

 

在学中からテレビ出演を果たし複数の賞を獲得するほどの実力の持ち主でした。

 

その後順調に活動を続け、人気と実績を瞬く間に積み上げ、

1988年には東京に進出し全国的に人気のお笑い芸人となりましす。

 

東京進出後は「ダウンタウンのごっつええ感じ」や

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」などの超人気番組を生み出し、

国民からの人気と共に芸能界での圧倒的な地位を確立していきました。

 

2000年以降は「松本人志のすべらない話」や「IPPONグランプリ」など

基本の笑いを追求する番組を打ち出し、

若手の活躍する場を提供しその才能を発掘する役割を担っています。

 

近年は大御所芸能人としてワイドショーなどでコメンテーターも務めたりと、

活動の幅を広げています。

 

松本人志の筋肉データ

 

さてココからはお笑い筋肉ダルマ 松本人志の肉体について、

長・体重・BMI・体脂肪率・筋肉量などの数値から追求していきましょう。

 

日本中を笑いで包む筋肉の全貌が明らかに。

 

松本人志の身長・体重

松本人志の身長は元々172cmと公表されていたんですが、

40代後半になってから始めた筋トレによって肥大化した背筋の影響で、

およそ2cmほど延び、現在は173.5 cmと公表されています。

 

さほど高い身長ではありませんが、50代男性の平均身長よりはおよそ5cm上回っています。

この身長はなんと、同じく人気お笑い芸人である「ずん」の飯尾和樹と同じです。

 

体重は2017年1月の時点で67.4kgです。

松本人志本人の冠番組「松本家の休日」で自身の筋トレについて紹介した際に、

体重を計った時の数字です。

 

ただ既に2年ほど経過しているので、

その後も精力的に筋トレを続けている松本人志の今の体重はさらに

増加している可能性は十分にありあります。

 

松本人志のBMI・適正体重

では松本人志の身長・体重から、体格指数BMIと適正体重を見ていきましょう。

 

松本人志のBMIは、

67.4 ÷ (173.5 × 173.5) = BMI22.39 です。

 

BMIの標準値が22なので、ほぼ適正体重ピッタリと言えます。

 

ただ体重を計ってからおよそ1年後の2018年元旦に

ツイッターに投稿された画像によると上半身がかなりバルクアップしている様なので、

70kgは裕に越えていると予想されます。

 

仮に5kg増加の72.4kgとしてBMIを計算すると、

BMI24.05、適正体重+6.18となります。

 

僕の感覚的にはあれだけのゴツイ体ならもっと重くてもおかしくないと思いますが、

上半身に比べてアンバランスで細い下半身のせいで意外と軽いのかもしれませんね。

 

松本人志の体脂肪率・筋肉量

松本人志の体脂肪率は、同じく2017年1月「松本家の休日」で放送された記録によると、

16.6%でした。

 

脂肪をそんなに落としていないところを見ると、

体の切れよりも筋肉の肥大に重きを置いて筋トレをしているようですね。

 

 

この時の体組成計の数字によると、体重67.4、体脂肪率16.6%、筋肉量53.3kgとなっており、

筋肉量が79%とありえない数字になっています。

 

男性の平均筋肉率は、松本人志と同じ50代で31%、筋肉盛りの20代でも44%です。

 

こちらのサイトで、

松本人志の体重と体脂肪率から筋肉率を計算してみたところ、

筋肉量28.1kg、筋肉率41.69%でした。

 

ちなみに別サイトで徐脂肪体重を計算してみたところ、

56.21kgとより近い値が出たので、

筋肉量ではなく全体重から脂肪の重さだけを除いた

徐脂肪体重の値ではないかと思われます。

 

どちらにせよ、50代にも関わらず

0代の平均筋肉率に近い数字を維持している松本人志、

さすがですね。

 

ちなみに筋肉量では成人男性の22.0kgを大きく上回っています。

 

松本人志の筋肉追求

お笑い筋肉総本部長 松本人志の体を見ると、

とにかくデカく鍛え上げられた大胸筋が、存在を主張していますよね。

 

松本人志の大胸筋の主張は、トレードマークのスーツに

ネクタイの上からでもビンビン伝わってくるほどの勢いです。

 

とにかく大胸筋を徹底的に鍛えているという事が一目でわかる体をしていますね。

 

松本人志はいつから?理由?

さて松本人志と言えばかつてはそれはそれはヒョロい体をしていました。

 

自身の著書でベストセラーにもなった「遺書」でも、

芸人の筋肉強化について、ネガティブな意見を綴っていたほど、

筋トレには興味が無かったようです。

 

そんな松本人志が筋肉を鍛え始めたのはいつからなのか、

さかのぼって見ると、2002年~2003年に放送されていた

「サイボーグ魂」という番組内の企画でボクシングに挑戦したあたりから、

自分の体力・筋力の無さを痛感し、筋トレの面白さに目覚め、

番組終了後も独自に筋トレを続けたというところから始まっているようです。

 

僕もサイボーグ魂は見ていましたが、

当時かなり細身だった松本人志が慣れないボクシングに取り組む

真剣な様子は中々印象的でした。

 

練習中にバテてリングの上に仰向けに横になっている所を

「ボクサーは何があっても自分からリングに倒れてはいけない」

的なことを注意されていたのを覚えています。

 

だた、2000年代の松本人志はさほど筋肉は巨大化されていません。

言うてそこまでハマってなかったんでしょう。

 

2006年に横浜スタジアムで始球式を行った松本人志の姿は、

今では考えられないほどのガリガリでした。

 

まぁボクシングにデカい筋肉要らないのでそのせいかも知れません。

 

松本人志が本格的にデカい筋肉を鍛え始めたのは、

2009年の結婚と翌年2010年に起きた

股関節唇の損傷での手術がキッカケとなりました。

 

家族が出来た矢先に怪我をしてしまい、

万が一もっと大きなけがをして自分が働けなくなったら。

という事が頭をよぎったのでしょう。

 

「俺が守らんだら、誰が守んねん」と後輩芸人たちに話していたそうです。

 

手術後に体力の強化と、再発防止のために

下半身を鍛えることから始めたと言われています。

 

当時、松本人志は既に47歳。

 

普通ならこの年からそんなに筋肉をつけようなど思う人も少ないと思いますが、

松本人志の凄いところはこの年から本格的に筋トレを始め、

4年後の51歳の頃にはプロレスラーとしても通用するほどの筋肉を作り上げていたのです。

 

松本人志の筋肉変化を画像で追跡

松本人志が筋トレを始める前と始めてからではかなりの体格差があるのですが、

かつてのガリガリ画像と最近のムキムキ画像で筋肉の変貌を追ってみましょう。

 

1998~2000年代前半の松本人志

今とは全逆のガリガリボティですね。

この痩せたオッサンが将来ゴリゴリのマッチョになるんですから凄いもんです。

 

2006年の松本人志

この時も全然筋肉質とは程遠い体ですね。

細すぎてまるで少年のように見えます。

 

2013年5月の松本人志

まだガリガリだった始球式の画像から7年後にはこの仕上がりです。

筋トレを本格的に始めたのが2010年頃という事なので、3年ほどでココまで作り上げたという事になります。

 

2015年7月の松本人志

更に2年後の画像ですが、もうこれは拳王様ですよね。

 

2016年12月25日クリスマスの松本人志

脱いだ上体の大胸筋ですがイカツイ限りですね。

 

2017年8月の松本人志

シャツの上からの大胸筋もイカツさ満点です。

 

2018年1月の松本人志

そしてこの体。2010年に筋トレを始めてから僅か8年でこんなにも人の体は変わるもんなんですね。

素晴らしい努力を継続してきたんだという事が一目でわかります。

 

松本人志の筋肉の鍛え方・筋トレ方法

さてココからは10年ほど前まではガリガリだった松本人志を、

今の筋肉ダルマに作り上げた松本人志の鍛え方について追及していこうと思います。

 

今の松本人志は特に上半身がゴリゴリに仕上がっていて、

横から見た姿は毛のないゴリラのようになっております。

 

上半身を満遍なくというよりは、特に大胸筋を収集的に鍛えられていて、

胸周りがパンパンにバルクアップされていて一見アンバランスな体とも言えます。

 

ちなみにベンチプレスは120kg~130kgを挙げるそうで、

日本人男性の平均が40kg台、110kg台で一流アスリート並みと言われています。

お笑い芸人が130kgはかなりやり込んでますね。

 

松本人志流筋肉強化「松ザップ」

先ほどから何度か紹介している松本人志の冠番組「松本家の休日」で紹介された

松本人志の筋トレメニューについて松本人志本人が

「松ザップ」と名付けて紹介していました。

 

「松本家の休日」は関西ローカルの番組という事で、

大阪の「CLUB GINO」というトレーニングジムで撮影が行われ、

松本軍団として筋トレにも励んでいる雨上がり決死隊の宮迫博之や、

大阪芸人代表のたむらけんじらと松本人志の「松ザップ」を体験しました。

 

宮迫博之は松本人志と同じマンションに住んでいて、

マンション内のトレーニングジムでよく合うとトーク番組で話していたこともあるので、

日ごろから松ザップを実践している一人かもしれませんね。

 

松本人志曰く、松ザップの最大のポイントは「自分を騙す」事で、

「15回と決めて1セット始めて、13回あたりで『うっそんよんねーん』

と自分を騙して追加5回くらいやる」のだとか。

 

限界付近から更に追い込むことで限界を越えて筋肉に大きな負荷をかける

それが松ザップの真髄だそうです。

 

この時紹介された松ザップの筋トレメニューは、

  • ベンチプレス、135kg 3回
  • チェストプレス、55kg 15回
  • クランチベンチ、15回 3セット
  • ラットマシン、85kg 15回

でした。

 

これを自らの意志でずっと続けているという事です。

 

松本人志の筋トレ①ベンチプレス

さて今や松本人志の代名詞とも言われる大胸筋。

 

パンパンにハチ切れんばかりの大胸筋を作り上げている

メインの筋トレメニューがベンチプレスです。

 

松ザップはまずベンチプレスから始まります。

 

「松本家の休日」の放送では95kgのウエイトから開始して、

他の出演者と会話しながらの余裕の様子でこなしていました。

95kgを余裕でこなせるのは相当凄いですね。

 

この時、松本人志はバーベルの軌道が固定されている

スミスマシンを使ってベンチプレスを行っていますが、

普段もフリーウエイトではなくスミスマシンで行っているようです。

 

この95kgのウエイトは松本人志の最大ウェイトの8割ほどの重さで、

これを5回ほど上げてウォーミングアップとしています。

 

松本人志の筋トレ②チェストプレス

大胸筋のメインメニュー、ベンチプレスの後は同じく

大胸筋を鍛えるサブメニューであるチェストプレスを行います。

 

同じ筋肉に効かせるメニューを2つをインターバルを挟まずに1セットとして行う事で、

より筋肉を追い込むことが出来、短期集中や停滞期打破の為に

有効なトレーニング法として知られています。

 

この方法は「コンパウンドセット法」と言い中々専門的な方法なので

松本人志が筋トレに関して、知識もかなり学んでいるという事が伺えます。

 

更にコンパうウドセット法を日ごろから行って集中的に大胸筋を鍛えるほど、

大胸筋の強化にこだわっているという事も分かりますね。

 

松本人志はチェストプレスと55kgで15回、3セットを基本として行い

、調子がいい時はさらに追加で行うそうです。

 

55kgという低重量で、15回の高回数を設定しているので、

筋肥大ではなく筋持久力の強化を狙っていると思われます。

 

ベンチプレスで筋肥大、チェストプレスで筋持久力とバランスを保っているのでしょう。

 

松本人志の筋トレ③ラットプルダウン

ベンチプレスとチェストプレスで大胸筋を限界まで追い込んだ後は、

拮抗筋である広背筋を鍛えるラットプルダウンです。

 

拮抗筋とは、メインで鍛えたい筋肉と反対の動きをする筋肉の事で、

大胸筋の反対と言えば広背筋となるわけです。

 

この、メインの筋肉と拮抗筋を立て続けに鍛えるトレーニング法を

「スーパーセット法」と言いこれも中々専門的な方法で

メインの筋肉の直後に対となる筋肉を鍛える事で相反神経支配を利用して

筋肉の回復を早めることが出来るのです。

 

拮抗筋の事までしっかりと理解して筋トレメニューを組んでいる松本人志は、

やはり筋トレの知識と大胸筋へ対するこだわりが凄いですね。

 

筋肉の回復を早めることが出来れば、

効率よく筋トレのローテーションを回せるので、

一早く狙った筋肉を強化することもできます。

 

松本人志の筋トレ④その他いろいろ

上半身の大胸筋を狙った筋トレを済ませた後は、

その周辺の筋肉を狙った筋トレを数種類行います。

 

松本人志のその他のメニュー①ライイングトライセップスエクステンション

まずは上腕三頭筋を鍛えるライイングトライセップスエクステンションです。

 

トライセップスは上腕三頭筋の事で、

ライイング=横になった状態で上腕三頭筋をエクステンション=伸ばすトレーニングです。

 

これを20kgのウエイトで25回 3セット行います。

 

ベンチプレスは上腕三頭筋も動員してウエイトを上げるので、

これもベンチプレスのウエイト向上のため、さらには大胸筋強化のために

メニューに取り入れていると思われます。

 

松本人志のその他のメニュー②ダンベルシュラッグ

肘を伸ばした状態でダンベルを待ったまま肩を上下前後に動かすトレーニングです。

 

僧帽筋に効かせることが出来るこのトレーニングを22kgのダンベルをそれぞれの手に持ち、

50回 2セット、3セット目はさらに10~20回多めに限界まで続けて行います。

 

ちなみに僧帽筋を鍛えるのもベンチプレスに必要な筋肉だからだと思われます。

 

その後、腹筋台でシットアップ15回 3セットと行い、

さらにまたチェストプレス75kg 15回と、ラットプルダウン70kg 15回で

胸周りの筋肉を追い込みます。

 

最後にベントオーバーローイングを行って別の角度から広背筋を鍛えます。

 

以上が松本人志の松ザップの全貌。

このメニューを週に3回ほど行ってあのイカツイ上半身を

さらにイカツク鍛え続けているという事です。

 

松本人志の筋肉は上下のバランスが悪い


この「松本家の休日」での松ザップ公開からおよそ1年後の2018年元旦に、

松本人志が新年のあいさつとしてツイッターに公開した自身の筋肉画像が話題を呼びました。

 

今回紹介した松ザップは、上半身しか鍛えていませんが、

実際のところ松本人志は上半身のみで下半身は鍛えていないのではないかと予想されます。

 

というのも、明らかに上半身と下半身の筋肉のバランスが悪いんです。

ゴリゴリに仕上がった上半身に比べて、下半身の細さが際立っています。

 

元々2010年に手術をした股関節唇の

リハビリ・再発防止から本格的に取り組み始めた筋トレですが、

上半身ばかり鍛えて下半身もバランスよく鍛えない理由について、

 

  • 下半身のトレーニングがキライ
  • 怪我のせいで下半身のハードなトレーニングが出来ない

 

という2つの説が上がっています。

まぁスクワットとか下半身のトレーニングって上半身に比べると結構しんどいですからね。

 

ただやはリあれだけ上半身をストイックに鍛えている松本人志が、

しんどいという理由だけで全く鍛えないというのも違和感があるので、

怪我の後遺症的なものが多少あって、ハードな筋トレが出来ない

という理由の方が大きい気がします。

 

大胸筋をあれだけ徹底して鍛えている様子からも分かるように、

中途半端に鍛えるのは好かんのでしょう。

 

「ガッツり行けんのならせんでエエわ」的な感じかなと僕的には思います。

出来る範囲で下半身のとトレーニングもやっている可能性も十分ありますが。

 

まぁバランスは悪くてもあれだけガッツリ鍛えあがっていたら、

やはりカッコいいですよね。

 

松本人志の筋肉を支えるプロテイン

さて徹底的に大胸筋を強化している松本人志が筋肉を育成するために

飲んでいるサプリメントはどんなものなんでしょうか?

 

気になるところですよね。

 

実は2016年の年末に放送された

「ガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない科学博士24時」

内で、松本人志の愛用プロテインサプリが公表されています。

 

その噂のプロテインサプリが「DNS PRO-X」です。

 

このプロテインサプリは、一般的な粉のプロテインと違い

ペットボトルに収められた液体となっています。

 

プロテインは筋トレ後30分以内に摂取するのが最も効率よく、

その時間はゴールデンタイムとも言われています。

 

ただ、粉のプロテインサプリだと、ジムなどで筋トレをした後に飲むには不便なんです。

 

その点このペットボトルに収められたドリンクタイプのプロテインなら、

持ち運びも便利で、キャップを空ければすぐに飲むことが出来ます。

 

この粉プロテイン問題って、ジムで筋トレしている人からしたら結構”あるある”の問題で、

ジムが家から30分圏内にないとシェーカーと粉を持って行かないといけないので、

不便極まりないんですよね。

 

松本人志はその点を考慮してこの「DNS PRO-X」を愛用しているのかもしれません。

 

ただ、さっきもちょこっと言いましたが、

松本人志は自宅マンションないのトレーニング施設で筋トレを行っているそうなので、

30分問題はあんまり関係ないと思うんですが、それでも飲みやすさと、

持ち運びやすさが気に入っているのでしょう。

 

DNS PRO-X購入はこちらから

松本人志、筋肉でフライデーされて焦る

松本人志と筋肉と言えば、フライデー事件が少し前にありましたね。

 

綺麗な奥さんと可愛い娘さんにデレデレの印象が強い松本人志ですが、

フライデーとなると、ファンからへのイメージダウンに幸せな家庭崩壊などなど、

ダメージも大きいと思いますが、いったい何をやらかしてフライデーされてしまったのでしょうか?

 

当時の、家族と楽しく平和に旅行中だった松本人志にマネージャーから連絡が入りました。

「フライデーに載ることになりました。」

松本人志はこの連絡を受けて「手が震えた」そうです。

 

いったいどこで何を撮られたんだろうと、

自分の思い当たる節を片っ端から振り返っていったことでしょう。

 

あの時のあの子とのあれか?

いやこないだのあの女とアソコであれした時のそれか?

まさか先週のあの娘とあんなことしてるとこを撮られたのか?

 

横で何も知らずに幸せそうに家族旅行を楽しんでいる愛妻と愛娘の事を思うと、

それはもう内心生きた心地がしなかったでしょうね。

 

しかしふたを開けてみればこちら↓

ムキムキ筋肉体操ってなんやねん。

 

たまたまフレイデーの車の窓に映る自分の姿を確認しながら、

軽くポージングを決めてしまったところをバッチリ正面から激写されていたという、

恥ずかしい画像が世に出回ってしまいました。

 

結局松本人志の鍛えあがった筋肉を世に知らしめて、

本人の好感度も上昇するという、ラッキーなフライデーでした。

 

松本人志の筋肉まとめ

という事で今回は、お笑い界の筋肉伝説 松本人志の筋肉について詳しく追及して参りました。

 

お笑い芸人としてだけでなく、筋肉としても伝説を作り上げつつある

レジェンド松本人志の今後の大胸筋がどれだけデカくなっていくのかが気になりますね。

 

しかしガリガリの頼りない体から、47歳で筋トレを始め、

モノの数年間でプロレスラーとしてリングに上がっても違和感の無いほど

筋肉を鍛え上げた松本人志には、尊敬します。

 

筋肉を鍛えるのに年齢は全く関係ないという事を、

証明してくれている素晴らしい見本ですね。

 

松本人志にならって筋トレを始めた後輩芸人も結構多い様ですし、

一般の男性でも松本人志のお陰で筋トレを始めたということ人はかなりの数になるでしょう。

本当に年齢を言い訳にはできないんですよ筋肉って。

 

更には忙しくて時間がないとか、そいう言う言い訳も超多忙な人気芸能人の

松本人志がガッツリ鍛えてくれているお陰で出来なくなっています。

そう、誰にでも筋肉を鍛えて理想の体を作り上げる事は出来るんです。

 

筋トレに必要なのは「正しい知識と継続」それだけです。

 

松本人志は、専門的なトレーニング法を実践するほど、

筋トレに関する正しい知識も得ていますし、

2010年に筋トレを始めてからずっと継続もしています。

 

松本人志の筋肉を作り上げているのは、ただそれだけです。

 

当ブログでは、筋肉を鍛える為の正しい知識と、

楽しく継続するための情報をお届けしています。

正しく楽しく筋トレを継続して、共に理想の体を作り上げてきましょう。

 

筋肉コメント