筋トレ頑張っても減らない体脂肪!食事編ブロッコリーの調理法【パーソナルトレーニング体験談】

筋トレ頑張っても減らない体脂肪!食事編 ブロッコリーの調理法の秘密パーソナルトレーニング体験談
スポンサードリンク

【効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓】

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

最初はやたら食べないことで体重は減ったものの、食欲が爆発して、少しリバウンドしてしまいました。

パーソナルトレーナーからお勧めされていた、ブロッコリー。食べるようになってから3週間目に入りましたが、効果がみられません。

なぜだ!

なんと、調べてみたら、間違った調理法や、食べ方をしていました。

今回は効果も含めて、徹底解明していきます。

スポンサードリンク

効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

ブロッコリーは茹でるな!筋肉の為の栄養逃がさない調理法とは?

料理好きなら、おそらくすでにお気づきかもしれませんが、ブロッコリーはお湯でゆでてはダメなのです。

ブロッコリーの栄養を逃がさず食べるには、蒸すか、スープにするかです。あるいは手軽に済ませたいなら、電子レンジで蒸すと良いでしょう。

ブロッコリーは、「最強の野菜」と呼ばれるほど、栄養価が高いです。豊富なビタミン類、ミネラル、食物繊維。

それに加えて、カロリーがとても低いのに、食べ応えがあります。

ブロッコリーは1束300~400gくらいありますが、1日に必要な摂取量は100g程度でいいのです。

筋トレに最適!体脂肪を減らしてくれる!ブロッコリー特有の成分

ブロッコリー特有の成分というと、「スルフォラファン」というものが含まれています。

 

スルフォラファンに含まれている効果には次のものがあります

  • 解毒作用
  • 抗酸化作用(アンチエイジング)
  • 花粉症抑制作用
  • ピロリ菌除菌作用
  • 肝機能アップ
  • 内臓脂肪の蓄積防止作用

特に「内臓脂肪の蓄積防止作用」には、リンゴ型肥満の私には注目の効果です。

抗酸化作用は、男女共に、若々しくありたいと思う方にはほしい効果ですね。

その他の作用もみても、嬉しいことばかりですね。

ただし、せっかくの効果も調理法を間違わないことです。私はきづかず、茹でたブロッコリーをむしゃむしゃ食べていました。

ブロッコリースプラウトには、ブロッコリーの約20~50倍のスルフォラファンが含まれています。ブロッコリーに飽きたときには、ブロッコリースプラウトを使って、調理してみてはどうでしょうか。

ブロッコリーに含まれる栄養素がすごい!筋トレしている男性は特に必見!

ブロッコリーは、筋トレとも相性がとてもいいのです。というのも、低カロリー高たんぱくであるのもそうですが、女性ホルモンの「エストロゲン」を抑え、男性ホルモンの「テストステロン」を高める効果があるため、筋肉がつきやすくなります。

なお、女性ホルモン「エストロゲン」が減ると、体脂肪が蓄積にくくなり、脂肪燃焼を助ける効果があることが考えられるでしょう。

体脂肪が減らない?ブロッコリーには何をつけるべき?

スープの時は、食べやすいのでいいのですが、では蒸したブロッコリーはどう食べましょうか?

マヨネーズをつける?それではだめです。

せっかく低カロリーにしたのに、効果がないどころかカロリーオーバーになってしまいます。

これは、個人で工夫されるべきところですが、私からいくつか提案してみます。

カロリーハーフのマヨネーズを使ってみましょう。そうしたら、少しはましかもしれません。

ケチャップはどうでしょうか?カロリーはずっと低いです。

ノンオイルドレッシングもいいかと思います。

塩とレモンを軽くかける。これでいけるなら最もよいかもしれませんね。

パーソナルトレーニングチャレンジ!体型画像記録

以前にやってしまった大食いの結果、体脂肪は増えてしまいました。体重は何とか元に戻ったのですが、私の場合肝心なのは、筋量と体脂肪率。

急いで摂食を少なくするとリバウンドするので、適度に食べる量を減らします。おなかが空いたら、0カロリーの寒天ゼリーをよく食べています。

体型は先週とは、変化はあまりみられませんでした。スウェットで写真撮るとスウェットの腰の位置が高くなりすぎるから、今度は、トレーニング用のパンツにしておきます。

しかし、今回のは、足の筋トレがハードだったので、今日(4月28日)でも足がかったるいです。

背中は、痩せているか太っているか、筋肉質か、見てすぐわかりますね。もっと鍛えて、果たしてあと2か月で目標の体になれるでしょうか!?

筋肉コメント