痩太郎が筋太郎に進化するまでの無駄だらけだった筋トレ物語

痩太郎が筋太郎に進化するまでの無駄だらけだった筋トレ物語

はじめまして。

 

元痩せ型男の、筋太郎です。

 

この度は僕のブログを見てくれてありがとうございます。

 

このブログでは、ガリガリに悩まされいる将来有望な全ての男のための筋肉開発方法について、じっくりと解説していこうと思っています。

 

あらゆる角度から、筋肉を大きく育て上げるための情報を発信していきます。

 

そこでココでは、このブログの管理人である僕が、どんな人間なのかを説明して行きますね。

 

筋トレについて全く無知だった僕が、筋肉を鍛え上げて人生を180度変えるまでに、かなりのかなり無駄な努力をして体調を崩しました。僕と同じ間違いをして、早々に筋トレを挫折してしまう人が一人でも減るようにこのブログを運営しています。

 

ぜひ僕の無駄だらけの筋トレストーリーを教訓に、効率的な筋トレ道を歩んでください。

 

ガリガリ痩せ型に悩まされ続けた青春時代

僕は小学校の頃から運動が大の苦手で、中学高校になってもそれは変わらず、さらに小食だったので身体はガリガリの痩せ型でした。運動をしないので筋肉はなくホネホネしい自分のガリガリな体が好きでありませんでした。

 

特に人前に裸をさらさないと行けなくなるので、毎年夏になると始まるプールの授業が大嫌いでしたね。

 

あの時ばかりは、僕のガリガリの体がひときわ目立っているような気がして、とても嫌でした。

 

今考えれば誰も見ていなかったんでしょうけど、当時、特に中学高校の時は女子たちに笑われているような気がして、苦痛でしかありませんでした。

 

劣等感の塊だったのです。

 

おかげで高校3年間、まともに女子と会話をしたことがありません。

 

体を大きくしたいと、ご飯をたくさん食べる努力はしていたんですが、もともとの食べる量が少なかったんで、必死になって食べても人並より少し多い程度でした。

 

そして、自分は肉が付きにくい体質なのかと決めつけて、スグ諦めてしまいました。

 

今思えば、たくさん食べたつもりになっていただけで、食べる量がまだまだ少なかったんですが、当時はそれで精いっぱいだと思い込んでいたんです。

 

自宅でこっそり筋トレをしてみたりもしたんですが、腕立て伏せ10回も出来ずに、1週間も続きませんでした。筋トレなんて自分なんかに無理なんだという悲観的な思い込みが強かったのです。

 

そうやって失敗体験を積み重ねてどんどん自信を無くしていました。

 

高校生にもなると、同級生たちも運動部で頑張ってる奴らはすごく体が大きいヤツもいて、いつも圧倒されていました。

 

一部のやつらには、ガリガリの体をからかわれたりして日に日にコンプレックスが増す毎日でした。

 

社会に出て、自分を変えると心に誓った

 

高校を卒業してから飲食店で調理の仕事に就いたんですが、ホールで働いている女の子たちと話すのがずっと苦手で、また体のコンプレックスのせいで、みんなにバカにされているような気になって余計に避けてしまっていました。

 

そんなある日、バイトの女の子同士で僕の事を話しているのをたまたま聞いてしまったのです。

 

「筋太郎さん、ひょろいし全然しゃべんないし頼りないよね~」

「あんなんじゃ絶対彼女とか出来なさそー」

「自分に自信ないのがにじみ出てるよね」

あの腕は私が蹴っても折れそう、ちょっとは鍛えればいいのに

 

と話していて、とにかくショックで女の子たちに怒りの感情が沸くとかそういうのではなくで、こんなに頼りないショボい自分がとにかく情けなくなって、悔しくてたまらなくて、そんな情けない自分を徹底的に叩きのめしてでも自分を変えたいと強く思ったんです。

 

高校を卒業してもこんな感じだったら、本当に何とかして変わらないと、一生このままだという危機感も感じました。

 

一生彼女ができることもなく、だたむなしく年を取っていく人生にだけはしたくないと強く思い、大人になったら変わるだろうと何となく思っていても、自分が覚悟を決めないと変わる時は来ないと気づいたんです。

 

やっぱり自分を変えるには、自分が動き出さないと誰も手を差し伸べてくれないんですね。

 

何も知らずに努力だけで筋肉がつくと思って無駄に過ごした日々

 

 

まず僕が始めたのが、毎日自宅で筋トレをするという事です。

 

絶対に筋肉を鍛えて、女の子たちに男として認めてもらおうと思っていたので、それまでの人生でやったことない様な努力をしてやろうと、本気で燃えていました。

 

腕って伏せ、腹筋、スクワットを毎晩続けましたが、最初は10回するのでも精一杯でした。

 

しかし今回は絶対に続ける、成功するまで諦めないという気持ちが強く2週間、3週間と必死で継続しました。

 

筋肉痛にも負けずに続けたお陰で、1か月後には30回ずづ出来るようになっていました。

 

ただそこからなかなか成長せず、徐々に疲れがたまって筋トレをすることがストレスになってきたのです。さらに筋肉の成長が停滞してしまったことで、凄く不満も溜まっていました。

 

人生で始めて本気で頑張っているのになかなか成果がないことに不満を抱えながらも、筋トレとはこんなものなのかと、まだまだ自分の頑張りが足りないんだと自分に言い聞かせてさらに必死で続けました。

 

仕事がどんなに遅くなろうと、毎晩決めたメニューをこなしてヘトヘトになって爆睡。そして次の日も疲れがちゃんと取れないうちに起きて出勤、さらにヘトヘトになって帰宅して筋トレ。そんな毎日を1ヵ月ほど気合で続けたんですが、一向に筋肉はデカくなりませんでした。

 

疲れとストレスのせいで、もともと小食なのにさらに食欲が低下してあまり食べる量も減っていました。「たくさん食べないと」と思いつつも全然食べられない状況になってしまっていたのです。

 

さすがに栄養が足りていないと思い始めて、プロテインサプリメントを始めてみました。

 

プロテインを飲んでみたけど筋肉に変化を感じなかった

食欲がでなくて、食事があんまり食べられない状態にさすがに危機感を感じた僕は「筋トレと言えばプロテイン」という発想で近所のドラッグストアで一番安いプロテインサプリを買って帰りました。

 

「なんで今まで気づかなかったんだ!筋肉と言えばプロテインじゃないか!!」

 

これさえ飲んでいればモリモリ筋肉がついていくと信じてプロテインを飲み始めました。

飲み始めて1日、2日、特に変化はありません。さすがにそんなにすぐ何か変わるものではないかと思ったのですが、3日、4日しても疲れ和らぐわけでもなく、筋トレの調子が良くなることもない。

 

「飲む量が足りていないのかな?やっぱり全然筋肉がない状態から筋肉をつけていくにはプロテインも人一倍飲まないと効果がないのかも」と、勝手な判断で5日目から量を倍に増やし、それでもたいして変化がないので、7日目からは3倍に。

 

そんな調子て飲んでいたら1ヵ月分のプロテインが2週間で無くなってしまいました。

市販の格安プロテインはタンパク質の含有量もそんなに多いものではなくカロリーが結構高かったので、2週間で飲み切った時には、微妙にお腹周りに脂肪が増えていて筋肉に関しては特に変化は感じませんでした。

 

筋トレももちろん毎日必死で続けていたんですが「多少筋肉痛が増しになったのかな?」といった程度の効果しかなかったんです。

 

結局相変わらずのガリガリにちょっと腹がポッコリしただけ。

見た目的には悪化してしまったんですよ。プロテインで。

 

それでもどうしても自分を変えたいと強く思っていた僕は、疲労とストレスと落ちていくモチベーションに耐えながら毎日必死で筋トレを続けました。

 

そして筋トレを始めて2ヵ月が経とうかという頃、ついに疲れとストレスがピークに達して、高熱を出して仕事を一週間ほど休まなければいけない状態に。

 

もちろん一週間筋トレもできませんし、何もできないので、熱が少し下がってある程度起き上がれるようになってから、その頃は忙しくて全然見ていなかったテレビをぼーっと見ていました。

 

するとある番組で筋肉芸人が筋肉について話していて、筋肉の効率的な鍛え方を笑いも交えながら解説していたんです。

 

その話の内容は、僕がやっていた筋トレの方法とは全く逆の事を言っていました。

 

その時、思ったんです。

 

筋トレは何も考えずがむしゃらにやったところで効果は薄く、ちゃんと筋肉についての知識を身につけて筋トレしないと努力と時間が無駄になるんじゃないかと。

 

 

とにかく筋肉を効率よく育てる知識を全力を調べ「超回復」を知った。

 

体調が完全に良くなって仕事に復帰するまでの間、僕はインターネットで効率的な筋肉の鍛え方について徹底的に調べました。

 

調べれば調べるほど、今まで自分がやっていた方法が筋肉に全く良くないやり方だったと明らかになり、愕然としました。しかしその半面しっかりと筋肉が成長するメカニズムを知り、筋肉の成長に良い筋トレ生活を実践すれば、これまで見たいに疲れとストレスに耐えながら筋トレを続ける必要はないんだという希望の光を感じました。

 

まず僕が完全に間違っていた事は、筋肉は筋トレをしている時に強くなるわけではないという事。

 

「超回復」という言葉。知っている人からしたら常識なんでしょうが、 僕は全く知りませんでした。

 

筋肉はトレーニングで筋繊維を破壊した後に、十分な休憩を与えることで以前よりも大きく回復する。これが「超回復」で、破壊と超回復を何度も何度も繰り返すことで筋肉は徐々に強く大きく成長していくのです。

 

この事実を知らずに毎日筋肉痛に耐えて辛い筋トレをしていた僕は完全に無駄な努力だったのです。

 

一度トレーニングをした筋肉は2~4日は休ませないといけない。これは本当に重要な事なんですよ。

 

そして超回復をしっかり起こすためには、栄養もとても大事です。つまり食事をしっかりとる必要があるんです。この点も僕はあんまり食べられていなかったので全然ダメだったんですよ。

 

筋肉の成長には、食事9割、運動1割と言うくらい食事は大切な要素です。この食事をロクに食べずに疲れとストレスの中筋トレを続けていた僕は、体調を崩して当然の状況だったんです。疲れて食欲が出ないなら、食欲が出るまで身体を休ませるべきだったんですね。

 

そしてあんまり多く食べられないのであれば、サプリメントで足りない栄養を補給する必要があります。世の中には本当に色んな種類のサプリメントがありますので、自分に必要なサプリメントを選んで摂ることで小食な人でもしっかり栄養補給ができる時代なんです。

 

筋肉だけでなく男としての全てを上げる「テストステロン」も超重要

筋肉を効率よく鍛える為に「超回復」と共にとても重要な役割を果たしているのが「テストステロン」と言う男性ホルモンです。

 

人間の筋肉と骨格を形成するというとても重要な役割を持っているホルモンなので、このテストステロンをガッツリ分泌させていれば、とても効率よく筋肉を強化することができます。

 

テストステロンは筋肉と密接に関係していて、その分泌を増やすためにはハードな筋トレをするのが一番良い方法です。

そしてテストステロンが増えれば筋肉も増えてさらにハードな筋トレができるという事なので、好循環でどんどん筋肉とテストステロンが増えていくのです。

 

筋トレ以外にも色々な方法でテストステロンの分泌を増やすことができます。

テストステロンをブリブリ増やす方法については以下の記事をどうぞ↓

テストステロンの分泌を絶大に増やす18の奥義を伝授

 

テストステロンの増加を意識して筋トレを継続することで、筋肉の成長をかなり効率的に進めることができます。

さらにテストステロンには筋肉の成長促進以外にも人間の精神面にも良い影響を与える働きがあり、女性の本能にも刺激を与えモテる効果があるんです。

 

テストステロンが持たらす嬉しい効果については以下の記事もどうぞ↓

モテたい男の救世主 テストステロンがもたらす強烈な効果とは

 

この効果を知ってテストステロンを増やすことを意識しないわけにはいきませんよね。

 

 

超回復とテストステロンを意識して筋トレしたら劇的に調子が良くなった

 

超回復とテストステロンについて知った僕は、徹底的にこの2つを意識して、筋トレ計画を見直しました。見直したというより以前は大した計画も立てずに毎日ひたすら同じ筋トレをしていただけですが。

 

腕立て伏せ、背筋、スクワットを1日1種ずつ限界まで行い、腹筋は2日に1回行いました。そして週に1日は筋トレ無しの休息日です。

 

そうすることで、それぞれの筋肉は3日~4日に1回のトレーニングになります。腹筋は超回復のサイクルが早いので2日に1回のペースで大丈夫なんです。

 

テストステロンはハードなトレーニングが有効なので、できるだけ負荷をかけるようにトレーニング用のゴムバンドも購入しました。

 

自宅でトレーニングの負荷をあげるなら、ダンベルかゴムバンドがおすすめです。

 

自宅筋トレで効率的に筋肉を鍛える知識やおすすめ筋トレメニューは以下の記事をどうぞ↓

筋肉を増大させてモテたい男の為の自宅筋トレ

 

このメニューに変えてから疲れが溜まることが少なくなり、毎日の筋トレが調子よくなりました。それぞれの筋肉がしっかり回復して成長しているので、普段の生活もかなり調子が良くて、気分的にも前向きになっていきました。

 

筋肉の成長も凄く感じられて、1日30回以上がなかなかできなかったのが、30回2セットとか3セットと増やしていく事が出来ました。ちなみに筋肉を大きくするためには、1セットに50回とか100回とかするより、30回でセット数を増やした方が良いのです。

 

でも5セット以上やるなら、もっと負荷を上げたほうが良いので、しばらくしてジムにも通う方になりました。

 

ジムに通い始めてからは、とにかく負荷を上げる事を目指して、テストステロンをブリブリ増やしていく事を考えてトレーニングに励みました。

 

大きなウェイトでトレーニングをすると、もっと筋肉が大きく成長していきます。常に限界より上に挑戦することで、どんどん筋肉は成長していきテストステロンの分泌も増えるのです。

 

そして休憩をしっかり取り入れたことにより、胃腸の調子よくなって食欲が旺盛になりました。 おかげでどんどん筋肉が成長して、顔色も良くなっていきました。

 

しばらく調子よかったが急に停滞期に突入。筋トレの厳しさを知る!

しばらく調子よかったが急に停滞期に突入。筋トレの厳しさを知る!

超回復とテストステロンを意識した筋トレで調子よく筋肉を育てていたんですが、やっと見た目も人並に筋肉がついてきた頃です。

 

ミイラが人間になれて、このまま順調にムキムキになっていけるのかなとかなりハリキっていたんですが、ある頃から思ったど筋トレの負荷を上げていけなくなって、1日1時間のジムでの筋トレで汗だくになりながら必死こいてメニューをこなしていましたが、現状維持の状態から抜け出せなくなりました。

 

目の前に大きな壁が現れたようで、そこをなかなか越えられない状況がしばらく続いたのです。

筋肉をプルプルに震わせながら頑張るんですが、限界に達してしまって目標重量の目標回数を越えられない毎日。

 

超回復の周期も少し長くなってしまって筋肉痛が長引くようになり、筋トレを行うペースも落ちてしまいました。

「このままでは、結局人並みの体格になっただけで終わってしまう」と焦った僕は、筋肉についていろいろ調べた時に凄く気になっていたサプリメント「HMBサプリ」を思い出したのです。

 

HMBはプロテインと違って太りにくくかなり効率的に筋肉の成長を促すことができると話題の成分です。

 

HMBサプリについての知識と僕の体験談を詳しくこちらに書いています↓

HMBサプリの正しい知識で効果なしの筋トレを嘘のように超効果的にする!

再びHMBについて色々と調べて「この停滞期を打開するにはHMBしかない!」と思った僕は早速サプリを注文し、HMBを飲み始めました。

 

飲み始めた翌日から、いつも以上の目覚めの良さを感じ前日の筋トレの疲れが全く残っていない事のに驚きました。

 

その日から仕事中も体調がかなり良く、仕事が終わってからのジムでの筋トレも全力スタートで1時間ずっとフルパワーで負えることができるようになったんです。

 

さらに超回復のサイクルも凄く早くなり、理想のローテーションで筋トレも継続できて、筋肉の成長もグイグイ促進されて行き、毎日の筋トレがめちゃくちゃ楽しみに。

 

鏡で自分の筋肉の成長を確認するのも毎日とても楽しくて、鏡の前ていつもニヤニヤしてしまう始末。

 

元々が痩せ型だったので、筋肉の成長が目に見えて感じられて、本当にとても楽しく筋トレが続けられましたね。強くなることの喜びを心の底から味わいました。

 

今まで体験したことのない成功体験の連続で、日々の筋トレをとても楽しむことが出来るようになりました。何かの目標に向かってこんなに頑張ったことは今までになかったので、やればできるんだと言う事を体感できたのが何よりも良かったです。

 

そこからは、それまで以上にモチベーションが上がって、もっとやればもっとデカい体になれると自信をもって続けられるようになったのが、筋トレを楽しく継続する大きな要因ですね。

 

僕が飲んでいるHMBサプリメントについて、テストステロンの分泌を意識してさらに効率的に筋肉を鍛えてモテる方法と共に詳しくこちらに書いています↓

筋トレの効果を爆上げしてテストステロンも激増やすサプリメントはこれ!!

 

一般男性より遥かに筋肉質の体に成長!日々充実で忙しい日々に!!

一般男性より遥かに筋肉質の体に成長!日々充実で忙しい日々に!!

HMBサプリメント × 超回復 × テストステロンで筋トレが超過効率化されて、そこからはとんとん拍子で楽しみながら筋トレを継続し、気づけば体格がかなりデカくなり、痩せ型のガリガリだった自分が嘘の様です。

 

「人ってこんなに変われるんだ!これって凄いよね。筋トレに限らずどんなことでもやれば出来るんだろうな!」

と確信した僕は、どんなことにも積極的に取り組み、新しい事に挑戦するようになりました。

 

始めは、ジムで出来た友達と遊びに行ったり飲みに行ったりと言うごく普通の事から増えていったのですが、元々根暗の人見知りで友達が一人もいなかった僕からしたらすごく積極的で新しい挑戦でした。

 

そこから職場の女の子とも徐々に仲良くなっていき、ジムに連れて行ったり食事に行ったりとするようになったりしてかなり充実した毎日を送るようになっていきます。

 

さらにはジムで一番仲良くなった僕と同じくらいの筋トレ歴で年も近い友達と、一緒にキックボクシングをはじめたりもしました。

 

鍛え上げた筋肉をもっと何かに活用しようと始めたんですが、これが思った以上に楽しくてノリノリでやっています。

しかしそうやって仲良くなった友達と遊びまくっているうちに、外食や飲みに出る回数も増えて、食事量やお酒の量が増える、そしてジムに行く回数が減って行ってしまったんです。

 

友達が増えて忙しいのはとても嬉しい事なんですが、ジムに行けないという事がかなり引っかかっていて、何とか時間を捻出して3日に1回以上は行くようにしていました。

 

しかしそれでもなかなか時間が作れない時があり、少ない時は週に1回とかになっていました。

 

ヤバいなと思いつつ友達と飲み歩いたりするのが楽しくて誘惑に負けてしまっていたんです。

 

筋トレから遠ざかり遊び過ぎたせいで脂肪が激増してしまった

筋トレから遠ざかり遊び過ぎたせいで脂肪が激増してしまった

そんなこんなで遊び呆けていたら、知らないうちに体に脂肪がたまって行ってしまいました。

せっかく良い体になったのに、なんか全体的にふっくら、さらにお腹周りは極端に脂肪が集中してついていました。

 

「ヤバいデブになってる!!」

 

気づいた時にはデブでした。「これはみんなにばれる前に何とかしないと!」と焦り始めた矢先に職場の女の子に

「筋太郎さん、太りました?最近ちゃんとジム通ってます?油断しちゃダメですよ。」

とズバリ忠告され、「バレてる!!」と焦りがMaxになりました。

 

このままでは、せっかくの鍛え上げた体が無駄になってしまうという危機感から、出来る限りジムに行こうと思ったのですが予定がいっぱい詰まっていてジムに行く時間が3日に1回くらいしか取れない。

 

しかし「なんとか手っ取り早く弛んだお腹を絞りあげたい!」

 

そう思った僕は、また筋トレについていろいろと調べ、時間がない人のために超効率的に体を絞って鍛える方法を発見したんです。

 

それが「加圧シャツ」でした。

 

この加圧シャツは着ているだけで上半身全体の筋肉に負荷をかけてくれて、筋肉を強化し脂肪も削り落してくれるのです。

 

着ている間ずっと筋トレ継続状態が続きます。

なので仕事中も、遊び中もしっかり体を鍛えられ、筋トレ中はより効率的に筋肉に負荷をかける事ができます。

まさにジムに行きたくても時間がなかなか取れなかった僕にピッタリのシャツなのです。

 

これを着始めてから、姿勢も良くなり普段の動きも軽くなって、何よりどんどん脂肪が削られて、筋肉がどんどん締まって強くなっていきました。

 

加圧シャツのお陰で、少ない筋トレでも前以上に筋肉を鍛えて行けて、「仕事」「遊び」「筋トレ」をしっかり両立できるようになったのでめちゃくちゃ気に入っています。

 

おかげさまでさらに良い体に鍛え上げる事が出来て「デブからの復活」と周りのみんなにもからかわれつつ良い体を認めてもらえるようになりました。

 

加圧シャツでデブからの復活を超効率化した話を詳しくこちらに書いています↓

加圧シャツは効果なし?嘘に惑わされず正しい認識で筋トレを超効率化した話

 

鍛え上げられたデカい体だけでなく、自信に満ち溢れる毎日

筋トレを始めてから色々苦労もありましたが、今では完全にトレーニングが生活の一部になっています。

 

筋トレを成功させるためには、習慣化するのが大切だという事も身をもって思い知りました。

 

筋トレを習慣化する重要性についての僕の体験談は以下の記事どうぞ↓

テストステロンでモテモテになるからスクワットを習慣化することを強烈におすすめする

 

鍛え上げられた自分の体を鏡で見るたびに、「頑張った甲斐があった」「自分でも本気になればできるんだ」「自分も覚悟を決めれば本気になれるんだ」と自信が溢れてきます。

 

もう、ガタイの大きな人に圧倒されることもありません。僕もデカいですし、筋肉では負けている気はしませんから。

 

まわりが僕を見る目も、以前とは全く違って感じます。

 

これは、ただのうぬぼれや自画自賛かもしれませんが、みんなの目線が僕のたくましい体を見ているような気がして、街を歩いているだけでも楽しくなります。

 

実際に体格を褒められることもたくさんあります。

 

コンプレックスがなくなり自信がついたことで、女の子とも普通に会話ができるようになり、喋りはもともと上手い方ではないので、思いのほかすべったりしてイジられることが多いですが、それも親しみやすさの一つかなと思っています。

 

ホールの女の子たちとも良い感じに仲良く仕事しています。「いつの間にかすごい変わりましたね」「人ってこんなにも変われるもんなんですね」「以前のイメージが吹っ飛んじゃいましたね」と僕の変化について良く話題にされます。「ダイエットしたいんで筋トレの仕方教えて下さいよ」とか聞かれることもあって頼られてる感じが嬉しいですね。

 

筋トレで筋肉と共に大きな自信も得たことで、色んな事に挑戦したいという気持ちが芽生えることは人生に大きな意味を与えてくれます。

筋トレは小さな成功体験の連続で最終的に大きな成果が達成されているという成功体験が味わえます。

 

そういう経験ができたことで、どんなことでもやってみたいと思うようになるんです。そしてせっかく鍛えた体を活かしたくなって、趣味で始めたキックボクシングもあくまでも趣味なのでマイペースでゆるい感じでやっていますが、かなり楽しいです。

 

そこで知り合ったエクササイズ目的で来ていた女の子と良い感じになって、今では付き合っています。彼女も結構行動力があるので、二人でいろんなことに一緒に挑戦して、とても充実した日々を過ごしています。

 

筋肉を育てる喜びを、同じ悩みを持ったみんなに伝えたい

自分が筋肉を鍛えることで、こんなにも人生が一転して楽しくて仕方ない毎日を送っているので、誰でもその可能性はあると信じています。

 

ガリガリで、特に取柄もなく、自信も希望もなくコンプレックスの塊だった僕が、筋肉を鍛えて体を大きくしたというだけで、性格もかなり前向きになり、こんなにも人生を楽しんでいるんだから、他の誰でも僕みたいに人生を好転できると思うんです。

 

本当にどうしようもない男でしたから、以前は。

 

なので、少しでも多くの人に自信に満ちた日々を送ってもらいたいと思い、このブログでは、筋肉について僕が調べて学び、実践してきたことをお伝えしていこうと思っています。

 

どんなにガリガリで頼りない体でも、覚悟を決めてしっかりと筋肉の事を考えて生活していくことで、筋肉は確実に答えてくれるんです。

 

筋肉のトレーニング方法以外にも、筋肉を育てるための生活習慣、モチベーションの上げ方についてもわかりやすく、詳しくお伝えしていこうと思います。

 

頼りない体に悩んでいる、あなたの希望と道しるべになれば良いなと思っています。

 

 

※追伸:

 

僕の様な無駄な努力と時間を費やすこのないように、以下の記事を読んで

筋肉を効率的に鍛える為の知識についてしっかり学んでもらえれば

あなたも筋トレ成功者への道を歩み始めることができます。

1.全ての痩せ型男に告ぐ!筋トレで体デカくするならコレを読め!!

2.痩せ型の特徴を熟知しデカい体を作り上げる為の極意

3.痩せ型男が筋肉でドデカい体を作るために最も重要な事

 

筋トレを効率的に行うためのおすすめアイテムランキング!!