筋トレで食欲増進!?食欲不振を改善し体をデカくする10の極意!

筋トレで食欲増進!?食欲不振を改善し体をデカくする10の極意!痩せ型男の筋肉強化
スポンサードリンク

【効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓】

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

痩せ型男がモテる体になるには、まずたくさん食べないといけません。

 

ガリッガリのヒョロヒョロではモテる体どころか妖怪ほねほね人間です。

それではマッスルの神様も逃げ出してしまいます。

 

食べて筋トレ、食べて筋トレ。これこそ痩せ型脱却の基本です。

 

しかし、普段あまり食べないからこそ痩せているという人も多いハズ。

普段食べないのにいきなりそんなたくさんのご飯を食べるのは難しいですね。

慢性的な食欲不振に陥っているという事も考えられます。

 

そんなあんまり食べれない食欲不振の痩せ型男たちのために、食欲不振をなぎ払って食欲モリモリに増進させる方法を、お伝えするべくわかりやすくまとめましたので、是非とも実践していただきたいと思います。

痩せ型男の筋トレ関連記事↓

スポンサードリンク

効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

食欲不振をなぎ払い食欲増進させる10の超必殺技

まずまとめて全部言います。

食欲不振をなぎ払い食欲増進させるには、以下の10の方法が効果的です。

  • 乱れた生活を正す
  • 朝ごはんはしっかり食べる
  • 食事の量を少なく回数を多く
  • アツアツのホカホカで食べる
  • 食事の5~10分前に塩分
  • 食欲を増進させるものを食べる
  • 好きなものだけ食べる
  • 食欲が増すカルチニンをとる
  • たまには胃腸を休ませる
  • ガッツリ筋トレに励む

そんなに難しい事ではないですよね。

 

辛いことは何もありません。

1つずつでも確実に、普段の生活に取り入れていけば食欲はどんどん増していくでしょう。

それでは詳しく説明していきますね。

 

乱れた生活を正して食欲増進

食欲を増進させるには、まず生活の乱れを正すことから始めましょう。

生活の乱れは腹の乱れです。

 

規則正しく生活することで、自信神経が整い胃内蔵の機能が向上されます。

  • 早く寝て早く起きる
  • 睡眠の質を高めてぐっすり眠る
  • 日の光をしっかり浴びる
  • ストレスは発散する
  • 筋トレはしっかり継続
  • 睡眠以外の休息もとる

以上の事を意識して、健康的で正しい生活を送りましょう。

 

健康もモテる為には必須の要素です。

どんなに体ががっちりしてても病気してしまったら出会いの場にすら行けませんからね。

 

健康を維持するためにも、食欲を増進させるためにも規則正しい生活は必須です。

 

朝ごはんはしっかり食べて食欲増進

朝ごはんは一番重要な食事です。

 

寝ている間に消耗したエネルギーを補給するためにも絶対に欠かしてはいけません。

朝のエネルギー補給を怠ると、1日の活気が失われてしまいます。

 

朝食べる事によって1日を活発に動き回る元気が生み出されるのです。

元気があれば食欲も自然と出てきますし、活発に動いていれば腹も減ります。

 

朝はなにかと時間がないので、朝食を食べないという人も多いでしょうが、体をデカくしたいなら必須ですよ。

朝ごはんをしっかり食べる為にも、早寝早起きをしっかりしていきましょうね。

 

食事の量を少なく回数を多くして食欲増進

食欲が出ないのに一度にたくさんの量を無理に食べようとすると、胃に負担がかりますし、ストレスにもなります。

 

食欲が出ない人は、満腹感が結構辛かったりするので、腹八分目やそれ以下で済ませて、こまめに分けて5~6回ほど食事をとるようにしましょう。

 

胃に大きな負担がかからずに一日の総量は、1日3回の食事よりもたくさん食べる事ができますので、栄養もしっかり補給できます。

 

おにぎりやバナナをカバンやデスクに忍ばしておくと、サクッと食べられるので便利ですよ。

バナナは栄養価も高く消化にも良く持ち運びやすく食べやすいのでお勧めです。

その他、ドライフルーツもおすすめですね。

 

アツアツのホカホカで食べて食欲増進

できれは、でき立てでアツアツの料理を食べる方が食欲は増しますよね。

さめさめのお弁当はあんまり食べる気がしないですが、でき立ては美味しいものです。

 

さらに目の前で調理してそのままアツアツを食べるようなものだと余計に食欲が増しますよ。

例えば、鍋料理とか、焼き肉、たこ焼き・お好み焼き、串カツとかアツアツで美味しいですよね。

 

鍋以外は結構コテコテで食欲ない時に食べれるのか?って感じですが、目の前で自分で焼くと結構いけるもんです。

ちょっと厳しそうって時は、湯豆腐何か食べやすいですよ。

 

あっさりしたポン酢で美味しく頂けます。

 

食事の少し前に塩分で食欲増進

これは食事をとる数分前に塩分の含まれているものを軽くつまんでおくと空腹感が増すと言うものです。

どこかで見たこの情報を、半信半疑で試してみたら結構食欲が出ました。

 

ちょっとしたものを食べて軽く刺激することで、胃がウォーミングアップして戦闘態勢に入るのかもしれませんね。

 

消化を良くする酵素が多く含まれていて塩も効いている生ハムを一枚、食事前につまむのが丁度いいですよ。

 

食欲を増進させるものを食べてて食欲増進

食欲が増す食べ物は色々ありますが、代表的なものは以下のものです。

  • トマト
  • セロリ
  • 梅干し
  • 唐辛子
  • 香辛料
  • 柑橘類
  • しょうが
  • ニンニク
  • パイナップル

酢、梅干し、パイナップルなど酸味のあるものは胃液の分泌を高めて消化を助ける働きがあります。

唐辛子、にんにく、しょうがなどの少し刺激のあるものも、胃液の分泌を促す働きがあります。

 

トマトは神経を鎮める作用があり、冷やして食べると口の中に爽快感も広がるので食が進みます。

栄養価も高いので、トマト嫌いでなければどんどん食べ行くと良いですよ。

 

好きなものだけ食べて食欲増進

どうしても食欲が出ないようなときは、とにかく自分が好きなものを食べましょう。

大好物なら多少食欲がなくても食べれらるでしょう。

 

この際栄養バランスな気にせずに、とにかく食べるという行動を起こしましょう。

好きなものに、さっき紹介した食欲を増進させる食べ物があればベストなんですが、なければ何でもいいです。

 

また消化を良くするものも、生のもや発酵食品、ねばねば系も酵素が豊富に含まれていて消化を助けて栄養吸収率を上げることができるので、おすすめです。

 

食欲が増す塩化カルチニンをとって食欲増進

塩化カルニチンは、胃腸機能調整成分で、胃の働きを司っている神経を刺激して胃の働きを良くします。

 

L-カルニチンとは別物なので間違えないようにしましょう。

L-カルニチンは脂肪燃焼効果があるので、痩せ型男には無縁の成分ですよ。

 

塩化カルニチンは、胃腸機能を良くするので胃腸薬や、栄養ドリンクに良く配合されています。

食欲が出ない時は、塩化カルチニンの入った栄養ドリンクを飲んでみるのもおすすめです。

 

たまには胃腸を休ませて食欲増進

さてここまで紹介したこと全て試しても、まだ食欲が改善されないのであれば、一度ゆっくり胃腸を休ませた方が良いかもしれません。

 

つまりしばらく何も食べないでおくのです。

 

人間はどんなに食欲がなくても丸一日何も食べなかったら、さすがに腹が減ってきます。

なら腹が減るまで胃腸をゆっくり休ませてあげればいいのです。

 

胃腸が休んでいることで、血やエネルギー、酵素など体内の色んなものが他に回せるので、他の機能が向上するというメリットもあります。

 

しっかり休ませて空腹感が出てきたら、胃腸もやる気になったという事です。

この時にいきなり無理させないように消化に良く酵素がたっぷり入ったものを食べるようにしましょう。

 

消化に良いものは胃にも優しく、栄養の吸収率も高いので食欲を維持しながらどんどん栄養を摂っていけます。

 

栄養の吸収率についてはコチラの記事をどうぞ↓

 

ガッツリ筋トレに励んで食欲増進

食欲を増進させる極意の最後は、筋トレに励むことです。

やっぱり体を動かすとエネルギーをたくさん使いますから、お腹もすきます。

 

体を大きくするには食事が一番大事ですが、食欲を出すには運動が一番です。

食事と筋トレはセットで行う事で、お互いに効率を大きく高めあることができるんです。

 

どっちが欠けてもダメです。

 

食欲増進には筋トレが非常に大事で、さらに体をデカくしてモテるという目的にも直結するのでもう少し詳しく筋トレで食欲増進する理由を述べておきます。

筋トレで食欲増進する理由①体幹強化で内臓下垂改善

食欲不振の原因として胃下垂をはじめとする内臓下垂があります。

胃下垂って大食いの人が多いイメージなんですが、人によっては食欲不振という事も多いです。

さらに胃以外の内臓も下垂していると、内臓機能が低下して体に不具合が出る原因にもなります。

その不具合が食欲不振につながってしますのです。

筋トレをするのにおすすめなメニューがBIG3と言われる大きな筋肉を強化する筋トレなんですが、この3つスクワット、ベンチプレス、デットリフトを行う事で、体の幹の部分「体幹」がしっかり強化され、内臓下垂が改善されます。

スクワットは大腿筋を強くするのがメインですが、同時に腹筋も鍛えられます。

内臓は背中側は背骨があるので守られていますが、お腹側は筋肉しか支えるモノがないので、腹筋の筋力低下は内臓を支える力の低下そのものなので、内臓下垂の原因になっています。

下半身と共に腹筋を鍛えられるスクワットは、内臓下垂改善にダイレクトに効いてくれ、食欲増進に直結します。

またベンチプレス、デットリフトは、大胸筋、背筋を鍛える筋トレですが、この二つで体幹をしっかり鍛えることで、姿勢が正しく整い、その結果内臓下垂を改善できます。

筋トレで食欲増進する理由②血行促進で胃腸の機能向上

血の巡りは体のあらゆる部分にとって必要不可欠です。

もちろん胃腸などの内臓も血がしっかり流れることで健康的に活動します。

筋トレをしっかり行なう事で、トレーニング中の血行が促進されるだけでなく筋肉が強化され普段の血行もくなり内臓機能も向上して食欲増進に繋がります。

血行促進には先ほど紹介したBIG3に加えて、ふくらはぎ周りの下腿三頭筋を鍛えるのがおすすめです。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われていて、ココの筋肉を鍛えることで重力によって脚に溜まった血液を、しっかり上に押し流してくれます。

全身に効率よく血が巡ることで内臓機能が向上し食欲増進できます。

筋トレで食欲増進する理由③エネルギー消費で体が食事を求める

先ほども言いましたが、筋トレをしっかり行なっていると当然多くのエネルギーを消費します。

エネルギーは人が生きる為に必要で、不足すると体がエネルギーを補給しろと求め始めます。

それが空腹感として現れてくるので、筋トレをエネルギーを消費することは食欲増進に大きな効果があります。

ガッツリ筋トレしてお腹がすいたらスグに食べる。たくさん食べる。そうする事で徐々に胃袋も大きく、食事を受け入れる体勢が整いやすくなります。

 

そしてたくさん食べたら睡眠。

 

「筋トレ・食事・睡眠」この3つをしっかり継続することで、健康でたくましいモテる体が出来て行きます。

筋トレで食欲増進!食欲不振を改善し体をデカくする10の極意まとめ

という事で今回は、食欲不振の時にどうやって食欲増進に持って行くかという事についてお話ししました。

今回のお話をおさらいすると、食欲不振を増進に向けるには

  • 乱れた生活を正す
  • 朝ごはんはしっかり食べる
  • 食事の量を少なく回数を多く
  • アツアツのホカホカで食べる
  • 食事の少し前に塩分
  • 食欲を増進させるものを食べる
  • 好きなものだけ食べる
  • 食欲が増すカルチニンをとる
  • たまには胃腸を休ませる
  • ガッツリ筋トレに励む

以上の10個の極意をお伝えしました。

 

コレだけ試せばだいたい食欲は出てくるでしょう。

大切なのは、筋トレをして食べたものを筋肉に変えていく事です。

 

目標はモテる体を作ることですから。

まぁまずしっかり筋トレをしていけば、おのずと腹が減って食欲が旺盛になってくるはずなんですけどね。

 

僕も昔はあんまり食べれなくて結構悩んでいましたが、真剣に筋トレをし始めてからは、食欲不振で悩んだことはありません。

 

油断するとすぐ腹が減って食欲不振どころじゃなかったです。

いつでも食べられるように常に何か食べるものを持ち歩いていました。

 

まぁしかし人それぞれなんで、みんながみんな僕と同じにはならないでしょうから、食欲が出なくてトレーニングも気合が入らないと人は、この極意で食欲を出してモリモリ食べてからバリバリ筋トレ初めて見て下さい。

痩せ型男の筋トレ関連記事↓

筋肉コメント