痩せ型男が筋肉質でドデカい体を作るために最も重要な事

痩せ型男が筋肉質でドデカい体を作るために最も重要な事痩せ型男の筋肉強化
スポンサードリンク

【効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓】

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

 

今回は、痩せ型男が筋肉質なデカい体になるために最も重要な事についてお話していこうと思います。

 

僕も、ガリガリの頃は中々筋肉がつかずにかなり辛い日々を送っていました。

しかし筋肉が付かないのにはちゃんとした理由があるんです。

 

その理由をしっかり理解して意識することで、誰でも筋トレでドデカい体を作ることができます。

鍛えあがった肉体を誰でも手にすることができるんです。

 

今日は、筋トレでモテる体を作りたい痩せ型男のために、体をデカくする食事と筋トレについて、さらに最も重要なポイントについてまとめましたので、しっかりと読んで行ってもらえたら幸いです。

痩せ型男の筋トレ関連記事↓

スポンサードリンク

効率よく筋肉を鍛えてモテるには、筋トレでテストステロンを増やすのが最短のルート↓↓

テストステロン×筋トレのモテ効果!本当にモテるようになった!

筋トレの量に見合った食事で筋肉質な体作り

体をデカくするにあたって何よりも先に始めることは、食事です。

 

人間の体は、食べたものからできていますから、食べない事には何も始まりません。

食事を怠っていれば、どんだけハードなトレーニングをしても体はデカくなるどころか細くなってしまいます。

 

なのでまずは、体をデカくするための食事について説明していきましょう。

 

消費カロリーに応じて食べる量を増やす

体をデカくするうえで常に意識していなければいけないことが、

オーバーカロリー」です。

 

オーバーカロリーとは、消費カロリーより摂取カロリーが多くなるように食べるという事です。

カロリーがオーバーした分体はデカくなっていきます。

 

逆にカロリーがマイナスになっていると、不足した分を体の一部を分解して補って行きます。

たっぷりと脂肪がついていれば脂肪が分解されてシェイプアップになりますが、痩せ型男に脂肪はありません。

 

つまり痩せ型男のカロリーがマイナスになっていると、エネルギーの補填のために筋肉が分解されていくのです。

ある程度脂肪を蓄えておくことは万が一カロリーがマイナスになったときに筋肉が分解されるのを抑える盾にもなるので、とにかくしっかり食べましょう。

 

胃下垂は改善対策をして食欲・栄養吸収力UP

痩せ型男は小食や胃下垂などで、食べてもなかなか太らないことが多いですよね。

 

胃下垂は栄養の吸収率が悪いので体をデカくするのに良くありません。

栄養の吸収率が悪いと頑張って食べてもなかなか体が大きくなりませんし、筋肉も付きにくいです。

なので胃下垂はできるだけ早く改善しましょう。

 

改善策としては腹回りを中心に体幹の筋肉を鍛えるか、猫背の人は猫背を矯正すると胃下垂が改善されることがあります。

 

胃下垂に関してはこちらに詳しく書いているのでどうぞ↓

痩せ型男のお腹ポッコリは胃下垂が原因 筋トレで解消しようか

 

食事の回数を増やしてデカい筋肉質に

さて、しっかり栄養が吸収されるようになれば効率的に体をデカしていけますね。

しかし食べろと言われてモリモリ食べれるくらいなら苦労はしていないと思います。

 

食べる量を増やすためには、食べる回数を増やすのが最も効率的です。

1日3回の食事ではなく、5回6回と食べましょう。

 

1日3回の食事だと、朝食べてお昼ご飯までにはもう腹ペコになっていませんか?

僕は毎日腹ペコでした。

 

それでもそういうもんだと思って気にもせず、当たり前のように毎日昼ご飯は腹ペコの状態から食べていましたね。

夕飯も同じです。

 

しかし体をデカくするためには、空腹はNGです。

一瞬たりとも空腹を感じてはならん!という気持ちで間食をして下さい。

腹が減っている時は大切な筋肉が分解されて行っていると思ってください。

実際に分解されて行ってますから。

 

なのでいつでもどこでも食べられるものを常に携帯しておきましょう。

おにぎりや、バナナが形態にも便利だし、栄養的にも最適です。

 

筋肉質のデカい体作りに朝ごはんは一番大切

ダイエットなんかだと朝たくさん食べて夜は控えようなんてのがよく言われているので、

体をデカくするなら逆に朝は控えて夜たくさん食べれば良いのかと思ってしまうかもしれませんが、

食事は朝ごはんが最も重要です。

 

もちろん夜もガッツリ食べる必要がありますが、朝も同じくらいの勢いでガッツリ食べたほうが良いです。

 

なぜかと言いますと、簡単な話です。

腹が減らないよに常に食べ物を持ち歩いて、隙あらば食べろと言いましたが、寝ている間は食べれませんよね。

 

起きている間は、食べるように心がけて常に腹を満たしておくことができるんですが、寝ている間の7時間はそれができないんです。

ちなみに筋肉のためにも睡眠時間は7~8時間はとるようにしてください。

という事は、朝起きた時は腹ペコなわけですよね。

じゃ食べないと行けません。

 

朝飯抜いて昼まで食べないなんてもってのほかです。

せっかく育てている筋肉が痩せ細ってしまいますよ。

という事で朝はモリモリ食べて下さい

 

3大栄養素からしっかりエネルギー補給

カロリーカロリーと言いますが、カロリーは栄養素の名前ではありませんよ。

エネルギーの単位です。

エネルギーは色んな食べ物から摂取できますが、それぞれ質が違うので、バランスよく撮る必要があります。

 

ホルモンの分泌に最適なエネルギーのバランスは

脂質(40-50%)、炭水化物(34-44%)、タンパク質(16%)

と言われています。

 

それぞれ1g当たりのエネルギー量は、

脂質9kcal、炭水化物4kcal、タンパク質4kcalとなっているので、だいたい実際食べる量としては、炭水化物よりタンパク質の方が多くなります。

 

そして、脂質はできるだけオリーブオイルなどの良質な油から摂るようにしましょう。

 

筋トレ効率化の為のプロテインについて

筋トレの効率を上げる為のサプリメントと言えばプロテインが一番有名ですが、プロテインは実はそんなに効率の良いサプリメントではありません。

 

プロテインの主成分タンパク質は、体に摂り入れてもそのままでは吸収されず、いったんアミノ酸に分解されないといけないんです。

そこから身体に吸収され、筋肉になったりその他の体のパーツの材料になります。

 

ココで注目してほしいのが、タンパク質は全てが筋肉になるわけではないという事ですが、体に摂りこまれたタンパク質は皮膚や髪や体のあらゆるものに合成されます。

 

なのでたくさんタンパク質を摂取しても結構望んでないところに消費されていることが多いんです。

そこで必要になってくるのが、HMBです。

 

HMBと言う成分は体内のタンパク質を効率的に筋肉に合成するように誘導する働きがあります。

つまり無駄なく筋肉を成長させることができるんです。

 

HMBをサプリメントで摂っていれば、普段の食事のタンパク質量でも十分筋肉を効率的に成長させることができるので、プロテインを飲む必要もなくなります(ゴリゴリの上級者はHMBとプロテインの併用もおすすめです)。

 

つまり効率的に筋肉を鍛え上げたいならプロテインよりHMBサプリメントの方が断然お勧めという事です。

 

HMBサプリメントについての詳しい知識と、管理人筋太郎のHMB体験談は以下の記事をどうぞ↓

HMBサプリの正しい知識で効果なしの筋トレを嘘のように超効果的にする!

 

食事量に見合った筋トレで筋肉強化に筋肉質な体に

体をデカくするのに食事の次に重要なのが筋トレですね。

タダ食べでいるだけでは筋肉はつきません。

 

脂肪がどんどんついて、デブが出来上がるだけです。

 

デブはガリガリより2倍くらいモテませんので、しっかり筋トレをしてたくまい「モテボディ」を造りあげていきましょう。

 

筋肉を大きくするトレーニング

筋トレにもやりが色々あって、長時間の運動に適した筋肉を作るトレーニングや瞬発力のある動きに適した筋肉を作るトレーニング、そして大きな筋肉を作るトレーニング

 

我らの目的は、「モテる体と自信を得る」なんですが、ガリガリからモテる体を作るにはまずはとにかく体をデカくすることが最優先です。

 

デカい筋肉を作るには、高負荷、低回数、短時間でトレーニングを行う事が重要です。

負荷の重さは、6回から12回の間で限界に達する重さ。

回数は限界まで。つまり6回以上12回以内になるはずですね。

 

それを3~5セット行うんですが、セット間のインターバルは1分以内で行います。

だらだらと休憩はしません、インターバルは次のセットまでの準備期間だと思っておきましょう。

 

こんな感じで、高負荷の重要を少ない回数で、短い時間で行う事で、効率的に筋肉に負荷を欠けることができて、大きな筋肉が育っていき、さらに筋肉の成長を促進する男性ホルモンのテストステロンがたくさん分泌されます。

 

テストステロンに関してはこちらの記事をどうぞ↓

テストステロン爆上げで増やす18の奥義!筋肉量増&体脂肪率減!

 

オーバートレーニングは筋肉に良くないので、1日に行うトレーニングの総セット数は10~15回以内にしましょう。

 

つまり1種目3~5セットで3種くらいのメニューで行うようにすると丁度いいです。

 

最初は自重トレーニングでも十分筋肉強化はできる

高重量、低回数、短時間と言いましたが、正直結構辛いです。

筋トレまともにやってなかった人がいきなりやっても、辛さが勝っちゃって筋トレが苦痛になる可能性が大です。

 

僕も行きなりそれでやって、何度か挫折しました。

 

挫折してしまっては元も子も無いので、最初はまず筋トレになれるところを目標にして、自宅での自重トレーニングから始めるのが得策かと思います。

 

低負荷、高回数のトレーニングでもゆっくりですが筋肥大の効果はあります。

その際の注意点ですが、しっかりと自分の限界まで行うという事。

高回数と言っても、15~30くらいで限界に来る程度で行うようにしてください。

 

自重でもしっかりと1回1回を丁寧に行えば、30回以内に限界に達するくらいの負荷はかけられると思います。

 

それでも楽になってきたら、レベルアップして自宅で使えるトレーニンググッズを買うか、ジムに行くと良いでしょう。

 

おすすめの自宅筋トレグッズはこちらの記事で紹介しています。

まず始めの内は筋トレになれて、筋肉が少しでも変化することを感じてみることからやってみましょう。

 

筋トレでデカく筋肉質な体に作るために一番需要な事

さて最後に筋トレでモテる体と自信を得るために一番重要な事をお話しします。

 

筋トレに限らず何をする場合でも当てはまることなんですが、目標に向かって何かを成し遂げるために最も必要なものは、それを成し遂げる為のマインドですね。

 

このマインドはどんなジャンルでも成功している人は必ず意識してしっかり学んでいる事です。

そしてこのマインドさえしっかりしていれば、どんなことでも挫折せずに成長していけます。

特に筋トレなんてものは続けていけは必ず目標が出来るものです。

 

大会で優勝とかになってくると、人数が限定されてしまうので全員が達成というのは無理ですが、自分の体を自分が納得するところまで鍛え上げるのが目標だったら成功は約束されていますし、モテるという事が目標なら、その先のモテはもう目の前です。

 

成功か失敗かにこだわらないマインドで筋肉質に

何かの目標に向かって頑張るという事は、成功か失敗かの2択ではありません。

頑張ったら頑張った分成長した自分が出来上がっています。

 

筋トレを一か月頑張ったら、一か月分筋トレについて経験を積んだ自分がいます。

その分筋力も体力も必ずついています。

 

一か月やったけど思ったほど筋肉が付かなかった。で自分で勝手に失敗と決めつけて終わらせてしまうのはもったいないのです。

一か月頑張ったから少し筋力が上がった。と少しの成長を喜ぶべきです。

 

今ゴリゴリの筋肉を身に着けている人たちも最初は、みんな筋肉なんてたいしてありません。

最初の一か月を頑張って、少しの変化に喜びを見つけ出して、2か月目3か月目と繋げていったのです。

 

それが積み重なって、たくましい肉体が出来上がっていくのです。

筋肉質への道は続けていれば失敗はあり得ません。

 

楽しむというマインドで筋肉質に

とりあえ小さなことでもいいから始めてみることが大切です。

腕立て伏せ10回でも20回でもやり始めて、それを継続することから始めて下さい。

辛いことをする必要はありません

 

前回は20回しかできなかったのに今回は30回できたという成長が必ずあるので、成長を楽しみながら少しずつ進んで行けばいいのです。

 

最初に焦って辛いことをして挫折してしまえばそこで前進は止まります。

ほんの少しずつでも楽しみながらやって入れば、必ず進み続けられます。

 

筋トレは、継続がとても重要で、継続するためには楽しむことが重要です。

少しずつ筋力が強くなったあなたは、ジムに行くようになるころには強い負荷のトレーニングも楽しめるようになっているでしょう。

 

筋トレを続けている人で、辛い思いをしている人なんていないんです。

みんな自分が楽しく出来る範囲で楽しみながら筋トレをしています。

楽しめる範囲で少しずつ上を目指してください。

 

成長率はどんどん加速していきますから、最初はゆっくりで良いんです。

 

他人との比較よりも過去の自分との比較で日々成長して筋肉質に

ジムに行くと周りの人たちは、自分よりバリバリトレーニングしている人ばかりで、自分みたいなのが居て良いのかなんて思う人もいるかもしれませんが、そんなこと思う必要は全くありません。

 

ジムは誰もが楽しくトレーニングをする場所です。

そして他人と自分を比較する必要なんてどこにもありません。

さらにジムでトレーニングしている人たちは、他人のなどあまり気にしていません。

みんな自分と向き合い、自分との戦いを楽しんでいるのです。

 

筋トレを始めたころの自分、1ヵ月前の自分、1週間前の自分と比較して強くなっている自分。

そして今現在の自分を越えるために必死で頑張っているんです。

 

そうやって過去の自分と比べて成長を感じ、喜びや活力に変えて、今の自分と真っ向から向き合って限界に挑戦する。

 

そういうマインドこそ筋トレを楽しく継続して、目標に達するもっとも重要なことなのです。

しっかりと目標をもって、正しいマインドで筋トレを楽しんでください。

 

筋トレを楽しむことが出来れば、モテる体と自信はすぐそこですよ。

 

痩せ型男が筋肉質でドデカい体を作るために最も重要な事まとめ

という事で今回は、痩せ型男が筋肉質になるために重要な事についてお話しました。

要点をまとめると食事面では、

  • 消費カロリーに応じて食べる量を増やす
  • 胃下垂は改善対策をして食欲・栄養吸収力UP
  • 食事の回数を増やしていつでも筋肉に栄養補給
  • 朝ごはんはしっかり食べて筋肉に栄養補給
  • 3大栄養素タンパク質・脂質・糖質からしっかりエネルギー補給
  • プロテインよりもHMBで筋トレ効率化

痩せ型男が筋肉質になるための筋トレは

  • 筋肉を大きくする為の高負荷・低回数・短時間の筋トレ
  • 最初は自重トレーニングでも十分筋肉強化はできる

痩せ型男が筋肉質になるにはマインドが最も重要

  • 成功か失敗ではなく継続こそが絶対的な近道
  • 少しの成功を感じ筋トレを楽しむというマインド
  • 他人との比較よりも過去の自分との比較で日々成長して筋肉質に

 

今回紹介した全てが出来れいれば必ず痩せ型男でもムキムキの筋肉質になることはできます。

いきなり全て実践は難しいのでまずはできるところから、特にマインドは最も重要なので優先的に取り入れて行ってください。

ガッチリしたデカい筋肉質になると、体力や筋力的に疲れにくい元気な体になることはもちろん、自信に満ち溢れてくるので、毎日が本当に楽しくなりますよ。

僕はガッチリ筋肉質になってから以前とは別の世界を生きている様な気分にたまになります。

それだけ自分が変わって人生が変わって、あらゆるものの感じ方がポジティブに変わったという事です。

筋トレは本当に人生を変えてくれます。

皆さんも明るい未来を切り開くためにも痩せ型脱却して筋肉質になるために頑張ってください。

痩せ型男の筋トレ関連記事↓

筋肉コメント